タリス   

c0157625_16195950.jpg
早朝のパリ北駅。6:25発のタリスに乗る。前もって切符は買っておいたのだが、座席が指定されておらず(立ち席券なのかな?)、早めに駅に行ってみた。席がないなら一等に変えるとか、列車を後にずらすとかしようと思ったが、やっと現れた車掌さんに聞いてみると、発車してから前のコンパートメントに座れるとのこと。意味がつかめないので、複数の車掌さんに席は空いていないかと聞いてみるも大丈夫だから乗っていなさいとの答え。列車に乗り込み、デッキの補助席に座っていると、出発して間もなく車掌さんに前に連れていかれ、コンパートメントの鍵を開けてくれて無事座ることが出来ました。一人ならまだしも、母親も一緒なので席があって良かった。
ビュッフェで2人分のクロワッサンとコーヒーを買い、両手に持って車両を移動するとき、両手が塞がっている自分に気付いてドアを開けてくれる乗客が結構いる。日本でも同じなのだろうけど、何だか、こんな優しさが嬉しい。

パリとアムステルダムを結ぶ高速列車タリス。この赤い列車に乗るの、ちょっと憧れていました。
10:37、4時間強でアムステルダムに到着。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2009-05-17 16:43 | ヨーロッパとモロッコ | Comments(0)

<< アムステルダム かぶら屋 >>