オランダを満喫。   

c0157625_21102952.jpg
c0157625_21181061.jpg
ゆっくりめの朝食を取り、そして駅へ。デンハーグに向かう。もちろんマウリッツハウス美術館に行くためである。この美術館、それにしても凄い。こじんまりとしていて、展示作品もそれほど多くはないが、そのコレクションは秀逸ぞろいである。フェルメール、レンブラントはもちろん、自分の趣味に合うから特に感じるのだろうが、とにかく良い絵がある。本当に好きな美術館の一つです。

美術館を出て、町を歩きながら午後はどう過そうかと考えていると、どうやら母親はデルフトに行ってみたいような感じだ。デルフト焼きを知っていて、それで行ってみたいとのこと。
地図もないので、駅に戻って行き方を教えてもらい、トラムを乗り継いでデルフトへ。途中の景色がとてもきれい。水辺の景色と整然とした家並、自転車をこぐ人々。これぞオランダと言った光景の中をゆっくりととラムは走る。
デルフトの町もとても美しい。教会、運河、風車。ゆっくりと穏やかな空気が流れている。オランダを全身で味わった一日でした。

行きの電車では、向かいの席のおばさんが優しく微笑んでくれる。チューリップの写真を撮ろうと車窓を眺めていると、ほらと教えてくれる。飴をごちそうになった。
帰りのアムステルダムのトラムでは、母親だけ乗車して自分はまだ外にいたら、ドアが閉まって動き出してしまい、走って次の駅で無事に会えた。
母親がどんどんこの旅に馴染んで来ているのを隣で感じる。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2009-05-19 21:32 | ヨーロッパとモロッコ | Comments(0)

<< 今宵のお宿(アムステルダム) アムステルダム >>