サハラ砂漠に向かう。   

c0157625_18384673.jpg
5:45チェックアウト。まだ朝早いのでバスターミナルまで歩きを覚悟していたが、バスは動いていた。
c0157625_18385987.jpg7:30発のバスに乗る。マラケシュの町を抜け、一眠りして目が覚めると、バスは山間部に入っていた。アトラス山脈である。褐色の山やサボテン、遠くには雪山も見える。
山脈を越えると今度は土漠が広がる。一面土色である。建物も土レンガで作られた土色。そして点在するオアシス。この荒涼とした景色の中をバスはひた走る。休憩した町は、きれいな町だった。

15:30ティネリールに到着。ここに泊まる予定だったが、バスを降りてエルフード行きのバスの時刻を聞くと、今日はないと言う。明日の朝はと聞くも、通じていないのかローカルバスはないとのこと。町も何もなさそうだったので、このバスでエルラシディアまで行くことにした。客引きがしつこいが、運転手が追い払ってくれた。そして17:50エルラシディアに到着した。10時間20分かかった。降りるとき、バスの下に置いた荷物代を5DHとられた。マラケシュでも5DH払っているのに、ティネリールで一回降りたときチケットをとられてしまったので、券がなく、事情を知っている運転手に言ってみたが最初10DHと言われ、主張したら5DHになった。でも、これって二重取りじゃないのか?

さて、ここからが大変だった。客引きと交渉が始まる。
そのお話は次にしましょう。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2009-05-27 18:43 | ヨーロッパとモロッコ | Comments(0)

<< サハラ砂漠で思う。 今宵の宿(マラケシュ) >>