ジブラルタル海峡を渡る。   

c0157625_19485463.jpg
日程に余裕が出来た。一日も早くモロッコを去りたいと思っていたが、今日で終わりだと思うと、もう一日どこか行く所はないかと考えてみたりする。でも、行く所もないので、今日ジブラルタル海峡を渡ることにしよう。

フェズから列車でタンジェに向かう。途中、シディカゼムで乗り換え。時間があり、少し歩きたかったが、駅前は何もない。駅で時間まで待っている。寒い。

タンジェ駅は町からは少し離れている。港までタクシーに乗ろうかと思ったが、40DHと吹っかけられ、すぐに20DHと半額にしてきたがどうも気に食わないので歩くことにした。

14:00発のフェリーに乗る。あまり時間が無く、残りのディルハム(モロッコの通貨)を使い切る暇もなく出国手続きを済ませ、そして乗船した。空は晴れてきた。海の色がきれい。

14:25出航。アフリカ大陸からユーラシア大陸へと向かう。
アフリカからヨーロッパに渡っているんだ。これって十分に感傷的になるだけのものは持っているはずなんだけど、船室の子供がうるさくて、そんな気にもなれず。

19:00(時差が+2時間)アルヘシラスに到着した。インフォで中心街までの道を聞いて、町へ。確認のためにと、最初駅に向かった。駅前にホテルがあり、そこに入ってみたが75ユーロと予算外でやめ、フロントで安いホテルの場所を聞いて向かったのだが見付からず、その後中心街に出て辺りを探すがここにもホテルはない。結局港から一番近いホテルにした。

c0157625_1949648.jpg一軒の飲み屋に入った。スペインのビールが欲しいと言うと英語が分かる店員が注いでくれる。小さいグラスだが、一杯飲んだだけで既に酔いを感じる。隣の客が食べているおつまみも頼んでみた。

スペインに来て、気分的にだいぶ楽になった。たった数時間前までモロッコにいたこと、アフリカ大陸にいたこと、そして、今スペインにいること、何だかそんなことをふしぎに思う。
実際にモロッコにいたときには、あんなに嫌なことが次々と起きて、結構しんどかったのに、スペインに入って気持ちに余裕ができると、モロッコに懐かしささえ覚える。色んなことが淡い思い出となる。

だから旅に出るのです。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2009-06-07 19:52 | ヨーロッパとモロッコ | Comments(0)

<< 今宵のお宿(アルヘシラス) 東京へ。 >>