しょっぱなからやられちまった。   

c0157625_1803080.jpg
ソフィアに到着する。荷物が出てくるのを待って、そしてロビーに出てみると、土曜だからか両替店が閉まっている。タクシーの客引きに€15でと言われるが無視。バスに乗りたいところだが、しかし現地通貨のレフ(Lv)がないし、結局外にいた運転手のタクシーに乗ることにした。中心部までいくらかと何回も聞くがメーターがあるのでと答えない。他のタクシーも同じだろうと思いそのタクシーに乗った。
メーターはどんどん上がっていく。「歩き方」には空港のタクシーはメーターを細工しているので注意と書いてある。後の祭りだ。駅までと思ったが、アレクサンダル・ネフスキー寺院が見えたので、ここで止めてくれと言うが寺院の前まで連れて行かれた。メーターはLv30をすこし超えていた。そして運転手はメーターを止めもせず€30と言ってくる。これはLvだろう、Lv2=€1だから€15だと言っても聞かない。領収書みたいなものを取り出して書こうとしだした。そこで強めに€15と言ったら、今度はあっさりと€15になった。
降り際に「チャオ」なんて言ってくるのが気持ちを逆なでする。全く腹立たしい。

これから長い旅が始まる、その最初のソフィアに着いたんだって感傷に浸りたいところなのに、嫌な気持ちでのスタートとなってしまった。その後やっと見つけた両替店では表の看板と室内の表示が全然違うレートにまたも苛つく。

途中から雪、雨が降ってくるが、傘はバスターミナルに預けたザックの中だ。

なんてこった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2010-03-10 18:02 | ヨーロッパ大移動 | Comments(0)

<< ソフィア 今宵のお宿(パリ) >>