サラエボ   

c0157625_22523441.jpg
c0157625_22524321.jpg
c0157625_22525390.jpg
霧に包まれたサラエボに到着し、駅でブダペスト行きの列車の切符を買い、そして予約してあるホテルを探そうとサイトの地図を見て大体記憶していた場所に行ってみた。さらっと探しても見当たらなく、近くに警察署があったので、メモしていた住所を見せて場所を聞いてみると、どうやら中心部からはだいぶ離れているらしく、タクシーで行くようにと教えられる。そしてタクシーと交渉すると、15マルカと言われたので、ユーロしか持っていないと言うと10ユーロと言う。レートを考えると、7.5ユーロくらいなので、7ユーロではと言ってみると、その運転手は他のタクシーを呼んでくれて、そのタクシーてホテルへと向かった。

ホテルでトラムの停留場の場所を聞いて、歩き始めるが結構距離があり少し心配になる。でも、暫く歩くと停留場は見付かった。そしてトラムに乗ると、2つ目の停留所で終点に着いてしまった。運転手に市街地に行きたいのだがと聞くが、英語を理解できないようだ。そうしていると、女性が声をかけてくれて、行き方を教えてくれた。逆方向に乗ってしまったらしい。彼女はとても親切に、にこやかに接してくれた。ここは危険だからすぐに離れるようにとも教えてくれた。

トラムを降りてグルバヴィッツァ地区ヘと向かった。ここは戦争時には市街戦の前線となった地区で、前回来たときには凄まじい戦争の傷跡が残っていた。もう一回この町を見てみたかった。
穴をふさいだ建物もあったが、まだ弾痕だらけの建物は残っていた。こんなところで写真を撮っている自分を住民はどう思うのだろうとか、そんな思いを含めて、再びこの町を歩いてみたかった。

オリンピックスタジアム(現在はお墓になっている)まで行き、その後ラテン橋(第一次世界大戦のきっかけとなった暗殺事件の現場。橋は架け替えられたもの)やバシチャルシァ(旧市街)をさらっと歩き、ホテルへと戻った。

モスタル   9:00
サラエボ   11:20   €9.5(¥1,176)+荷物料€1
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2010-03-26 23:03 | ヨーロッパ大移動 | Comments(0)

<< 今宵のお宿(サラエボ) 今宵のお宿(モスタル) >>