西へ。   

c0157625_18582572.jpg
c0157625_18583955.jpg
c0157625_18585671.jpgクラクフに向かう列車は、寝台車だった。リヴィヴまでの列車とは違い、この車両は個室になっている。扉に鍵がかかっているので強くノックすると、中には2人の男性がいた。3段ベットの上段にいてもすぐには寝られそうにもなかったし、余ったお金で買ったビールも飲みたいし、荷物を置いて通路に出て、暫く窓から外を眺めていた。
列車が動きだし、リヴィヴ駅から離れて行く。そして窓を開けて冷たい朝の空気を感じる。ペットボトルのビールを飲む。何だか気持ち良い。今旅をしているんだ、大きな流れのある旅をしているんだ、って改めて思う。感傷に浸りながら車窓の景色をぼんやり眺めていました。

国境では少し質問される程度ですんなりいった。ポーランド入国で、何日滞在するのかと聞かれ、1〜2日と答えたら冗談かと返された。係官の機嫌を損ねたら面倒なので、ポーランドは2回目だと聞かれてもいないことを言って、そして入国スタンプをもらった。

入国検査は終わったはずなのに、なかなか列車は前に進まない。通路から外を見てみると、どうやら車輪をかえているようだ。ウクライナとポーランドとは軌道の幅が違うらしい。乗客は列車に乗ったまま、車両を浮かして取り替えているようだ。
c0157625_18591262.jpgc0157625_18592599.jpg
お昼にはお呼ばれしてウオッカ大会の始まりです。既にへろへろの人もいました。結構な量のワンショットを一気に飲み炭酸水などで流す。そのうち慣れてきて、普通に飲めるようになってきた。顔が赤くなってきたり、目がとろんとしてきたり、みんな酔っ払いです。話してみなと言った感じで携帯電話を渡されて、誰だか知らない人と話しをしたり。日本人だ、酔っ払っています、って言うと電話越しではあきれたもよう。
お酒を飲み尽くして、そして宴会は終了。
何だか楽しかったです。

みぞれが降るクラクフに到着。

リヴィヴ   7:19
クラクフ   15:27(時差−1h)   ¥5,000くらい
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2010-04-02 19:03 | ヨーロッパ大移動 | Comments(0)

<< クラクフ 少しだけウクライナ。 >>