今宵のお宿(ランガル)   

c0157625_20555598.jpg
二食付き $ 12 (984円)

イシュコシムから乗ったバスの車掌の家。村の入り口に一件ゲストハウスの看板を見付けたが、中心からだいぶ坂を上って来てしまい他に探しようもない。部屋を見せてもらい、言い値は$15だったが、オランダ人女性が値切って$12になった。2部屋あるので、オランダ人女性2人組と自分とチェコ人の男性陣2人で分かれて部屋を使った。
シャワーはあるがお湯が限られていて一日2人まで。太陽光で水を温めているようだ。実際はもうちょっと使えそうだった。シャワーからはちょろちょろとしかお湯が出ず、使い物にならない。でも、蛇口からは十分な水量だった。トイレは一応西洋式(便座がある)だが、水は桶から汲んで流す。敷地の外の畑にもトイレがあり、こちらは穴が開いていて板が敷いているだけのボットン便所。一度使っちゃえば平気なもの。夜、首にヘットライトを下げながらトイレに行くなんて一興ですよ。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-07-25 21:16 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(0)

<< パミール高原へ突入。 ランガルで踊る。 >>