ムルガブ   

c0157625_19445719.jpg
c0157625_19451318.jpg
標高3,500mを越しているパミール高原の町。キルギス人が多く住んでいるようで、町並みも人も、これまでのワハンの村とは雰囲気が違う。
コンテナが並んだバザールがあり、水はそこで買える。ギルギス人側で子供が複数回、侮蔑的な態度や言葉を表した。東欧とかを旅していたら時々あることなのだが、タジキスタン人には見られなかったのでがっかり。
一方タジキスタン人側はこれまでのようにこやかで人懐っこい。例のごとく挨拶をしてくれ、そして写真を撮ってくれと声を掛けてくれる。滞在中は、自ずとタジキスタン人側に足が向いた。
井戸が点在していて、朝、水を汲みに人が集まってくる。日課なのだろう。水道がないのだと改めて感じた。
c0157625_20195652.jpg
町を歩いていると、女性が声を掛けてきて、彼女の家に呼ばれた。朝に出会った時にチェキで写真を撮って渡した人だった。そして食事を頂いた。何ともありがたい。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-07-27 20:54 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(2)

Commented by ぽち at 2012-02-23 08:44 x
今年6月頃にワハーン回廊(ほぼ同ルートで)めざします!
ホログ~ワハーン~ムルガブ~国境のルートで、

・全行程何日間くらい必要でしたか?
・ホログ~ランガル間移動ですが公共交通機関ありましたか?
月曜日しか定期便がないとか情報もありますけど・・・
・ムルガブから国境方面も車チャーターしましたか?
それとも公共機関ですか?便数、価格等教えてください。
・国境からオシュ方面への交通機関確保は簡単そうでしたか?
・上記各都市に同行者以外に観光客がいましたか?
Commented by SAPPORO_MIYAGAOKA at 2012-02-23 23:41
コメントありがとうございます。
質問については、記事を読んで下さい。
詳細は記録していないのでお役に立てることは少ないでしょうが、何かあれは気兼ねなく質問して下さい。

<< 今宵のお宿(ムルガブ) パミール高原へ突入。 >>