バルセロナで食べる(その2)   

c0157625_2135386.jpg

ホテルをチェックアウト。地下鉄駅に行ってみると、騒がしい女の子数人がいる。やけにテンションが高い。お酒じゃなくて、変なのやってんのかなと見ていると、そのうち一人が服を脱ぎだして胸をあらわにした。そしたら別の子は短パンを脱ぎだして下着を見せていた。端から見ているとかなり面白い。次はどうなるのかと見ていたが、しかし彼女たちはほどなく歩き出した。で、通りの向かいにはもう一人の女性が立っていた。見てみると彼女は丈の短いワンピースから下着がはっきり見えている。向かいで騒いでいる女の子たちに比べると、一人でいる彼女は大人しそうに見えた。彼女は娼婦なのかと思った。一行が離れると、その子は道を渡ってさっきまでうるさい子たちがいた場所に立った。ここが定位置なのだろうか。

もっと見ていたかったが、そろそろ時間なので駅に入った。ホームで待っているが、なかなか電車が来ない。やっと来た電車に乗ってバスターミナルに行くと、アンドラ行きのバスは既に発車していて、信号で止まったところで運転手に乗せてと言ってみたが、もう遅かった。次のバスはかなり時間があり、他のバスターミナルからの方が早い時間にバスがありそうなので、そちらに移動。チケットを買って、近くを歩くとそこは小さなチャイナタウンらしく、中国語の看板がある。旅行書にも乗っている食堂があったので入ってみた。ラーメンとビール。面は太く、小麦粉の味が強く少し気になるが、美味しい。スープは醤油味。ひき肉とチンゲン菜がのっている。値段も手頃でかなり満足。他の品も頼んでみたかったし、もっとビールも飲んでいたかったが、バスの時間があるので店をあとにした。

そっか、今日は祝日なのか。だからあんな子たちにも遭遇できたし、地下鉄も来ない訳だ。
おかげで楽しめました。
バルセロナ、面白かったです。

ラーメン      €3
ビール(小瓶)   €1.4×2本
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-25 21:29 | ローマからパリへ | Comments(0)

<< アンドラ 今宵のお宿(バルセロナ) >>