携帯電話がなくなった。   

夕食を食べてホテルの部屋に帰ってしばらくすると、携帯電話がないことに気付いた。部屋中を探しても、スタッフに電話をかけてもらい店に聞いてみてもない。そりゃかなり酔っぱらっていたが、それにしても、どこでなくなくしたのか。紛失なのか盗難なのかも分からない。この旅に合わせて買ったばかりなのに、なんてこった。
今日、予定を遅らせて盗難届けを出すためにツーリストポリスに行った。昼にはバスでプノンペンに向かうと言うと、即日に発行するにはお金がかかるとワイロを要求してきた。言い値は25ドル。貧乏旅行者だし盗まれちゃってお金ないんだと言うと15ドルになった。しかも直接来るのではなく時間になったら電話してこいと言う。仕方ないのでくたくたになりながら市街まで歩き、もう一度しつこく寄った店に聞いてみるがやはりない。時間まで向かいの店でビールを飲んで時間を潰し、そしてトゥクトゥクの運転手に電話借りて確認して書類を取りに行った。ここで再度困ったようにお金ないんだよと言ってみると、10ドルになった。

何だか一気に気が重たくなってしまった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2013-03-01 22:54 | Comments(1)

Commented by 生焼けモルタ at 2013-03-02 00:57 x
ケータイ無くなって (´・ω・`)
日本とは世界が~常識が違うのだろうけど
いろいろと (´・ω・`)

<< 遺跡ではないカンボジア アンコール遺跡群 >>