ビールへの執念。   

c0157625_17312635.jpg
バンコクに着いてレジデンスにチェックインしたあと、14時から17時の間はお酒が買えないのを知っていたので急いで近くのスーパーへ。買い物かごにビールを入れると、店員さんから今日は選挙日なのでお酒は買えないと言われた。その存在は知っていたがまさか今日がその日だとは。余りに悔しいのでアパートのフロントに愚痴をこぼしてみると、外では買えないが部屋の冷蔵庫のを飲めば良いと助け舟。早速部屋の冷蔵庫を見てみたが330ml缶が2本入っているだけ。これでは全然足りないので今日は止めておこうかとも思ったが、やはりどうしてもあきらめきれず思案して、フロントのお姉さんに、今回バンコクに来たのはビールを飲むためなんだ、部屋には2缶しかないので足りない、追加は出来ないかと恥をしのんで聞いてみた。そしてハイネケンを10本頼むと、あとで部屋に持って行くと言う。しかしなかなか来ない。出かけようかと思っていると、ハウスキーパーらしき女性がクーラーボックスを持ってきた。中にはハイネケン330ml10本と氷が入っている。冷やす時間が必要だったのだろう。税サービス料込みでTHB1,177(¥3,690)。330ml一本¥369。こりゃ高く着いた。でも、飲むためにバンコクに寄ったのだから、これで良いとしなくっちゃね。

さて、そこそこ酔ったことだし、少しバンコクの町を歩いてこようか。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2013-03-03 17:53 | 東南アジア | Comments(0)

<< ホーチミンで食べる ホーチミン >>