束の間のやすらぎ   

c0157625_19473972.jpg
せっかく東北に来たのだから、山に登りたかったのだが、日頃の疲れか(飲み過ぎなのか)朝起きれず、天気も良くない。せめてもと思い車を走らせ須川温泉に行った。
雨が降っていたのでほんの数分の散策だったが、足裏から伝わる感触はいつものものとは違い心地良い。霧に包まれた栗駒山の深い森を眺めた。
c0157625_19475834.jpg
ここには開放的な露天風呂があるが、今日は内風呂。いかにも効きそうな白濁したお湯は、温度もちょうど良く。浴槽の木の香りもまた良い。ゆっくり、何回も浸かりたい湯だ。
c0157625_19481432.jpg
東北の森の中を、山里を車で走りながら、つくづく思った。もう生活の基盤を変えても良いのではないだろうか。もちろん前触れもなく名古屋に引っ越したことは十分刺激的なことではあるが、そんなことではなく、もっとリラックスして日常を過ごしたい。北に向かいたいと思った。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2015-08-16 17:42 | Comments(0)

<< 近所の野球場 昼餉にそば。 >>