山形旅   

c0157625_22552490.jpg
c0157625_22554613.jpg
定番の大石田の蕎麦、蔵王の温泉です。

仙台市内を抜けるのに時間がかかり、山形に入ると路面にも雪があったりと、2時間半ほどで大石田、次年子の七兵衛そばに到着。ちょうどお昼時だが、混んでいなくゆったりと蕎麦を味わう。お椀に出てくるお蕎麦、5杯半食べました。山形には他にも行きたいお店はいくつかあるのだが、この土地ならではと思うと七兵衛に足が向かうのです。

お次は蔵王温泉の源七です。はらはらと舞う雪を見ながらの露天に、木桶の内湯。白濁した強酸性の硫黄泉は、やはり冬が似合う。素晴らしいお湯でした。


[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2017-01-27 22:55 | Comments(0)

<< 鳴子は温泉にこけしの町。 漱石本 >>