イギリス入国   

イギリスの入国審査は、それなりに質問してくる。そんなことは聞いていたけど、まさかこんな面倒なことになるとは。

飛行機は30分遅れて15時にロンドンヒースロー空港に到着。何とか暗くならないうちにホテル決まりそうだな、と思いつつ入国審査へ。入国カードの滞在先は空欄。そこを突っ込まれてしまった。前回と同様に、予約はしていないと言うと、何でだと言われる。忙しかったからだと答えたが、向こうは納得しない模様。チケットを見せて、ほら、このチケットだって3日前に取ったんだ、時間が無かったんだよ。と言ったら、今度は何で3日前に取ったんだと返される。そんな感じで雲行きが怪しくなってきたのだが、その後がまずかった。所持金を聞かれて、適当に答えてしまった。それじゃ旅続けるには少ないとなり、それから職業、収入、家賃等々、尋問が続いた。そして、荷物検査をして、2回係官が事務所に入って待たされ、所持金が申告と違うことが見つかって、もっと面倒なことになるのか?入国拒否とか?って頭を過った。

結局1時間30分後に、入国を認めますとのお許し。しかし、所持金は違っていた、それから、今度来る時はホテルは予約するように、と言われて無事解放。
最後に「ごめ〜んね」って言って晴れてイギリス入国となりました。

おかげで外は暗くなってしまった。

教訓。
「権力には従順であれ」
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-07 22:05 | 南バルカン | Comments(0)

<< 仙台 お気に入りの写真 >>