ムツヘタ   

c0157625_17212137.jpg
土曜日だからか、サムタヴロ教会でも、スヴェティ・ツボヴェリ大聖堂でも、何かの儀式が行われていた。教会の雰囲気を、一層独特で、幻想的なものにしてくれる。
マルシュルートカに乗っていると、教会を通るときに十字を切る乗客をよく見る。グルジアは、キリスト教が生活に根付いているのだろう。
こうして信仰に厚い人々と、お金をごまかしたり、悪さをする人々は、別の人種なのだろうか?あいつらだって宗教心は他のグルジア人と同じように持っているんだろうな。誰だって良い人だし悪い人でもあると言うことなのだろうかね。

山の上のジュヴァリ大聖堂を目指した。町から、橋を渡り、高速道路を横切って、そして草地にできている道を歩いて山に入って行った。途中からは道がなくなり、草や低木をかき分け、トカゲ(←かなり大きい)らしき気配にびくつきながらやっと登山道に出て、そして山上の教会に着いた。
風が心地良い。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-07-23 17:23 | コーカサス | Comments(0)

<< ディープな飲み屋でワインを飲む。 今宵のお宿(トビリシ) >>