2017年 09月 08日 ( 1 )   

一栄   

c0157625_14510675.jpg
c0157625_14511976.jpg
そばを食べたいと調べているうち、昔から存在は知っていたが食べたことはない、家から歩いて行けるこのお店に決めました。
お店に入ってみると、建物の作りが古いから仕方ないのだが、店内は雑多な感じがする。店主は客席に来て常連らしきお客と喋っている。そば屋で昼酒をって考えていたが、雰囲気を見てお酒はやめにした。そのうちお客がタバコを吸いはじめてしまった。
三色天もり(¥1,650)を注文。更科を楽しみにしていたのだが、出て来たのはせいろ、田舎、ゆずの三色。言えば更科にしてくれたのか?
ゆずは、確かに香りが立っており、悪くはないのだが、そばを食べに来たのに、と思うとなんか違う。しかも、仕切りがないので隣のそばと混ざってしまう。
田舎は、もさっとしていて粉くささが気になる。
食べたあと、そば湯を待っていたのだが、結局こちらから頼まないと出てこなかった。お茶は最後まで注ぎ足されなかった。
なんだかなーってなそば屋さんでした。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2017-09-08 14:49 | Comments(0)