カテゴリ:コーカサス( 31 )   

廃墟の町   

c0157625_212589.jpg
エレバンからマルシュルートカで6時間半、ナゴルノ・カラバフ(未承認国家)の首都、ステパナケルトに到着。外務省でレギストラーツィア(外国人登録)を済ませ、シュシャに入った。

この町は、カラバフ戦争によって、町全体が破壊された、廃墟の町と旅行書に紹介されている。
凄く興味があった。
戦争の痕を見たい。そんな欲求は、悪趣味なのかも知れない。でも、見たいと思う気持ちは確実に自分の中にある。
どれだけ悲惨な光景が広がっているのだろう。
それを見て、戦争の惨さ、人間の愚かさを真剣に考えてみたい・・・そんな気持ちはあいにく持っていない。ただ、見たいだけ。それだけ。

シュシャの町は、想像していたものとは違っていた。
ぼろぼろの建物が至る所にあるが、これがカラバフ戦争によって破壊されたものであることがピンと来ない。ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルやサラエボで、一回目のクロアチアで見た光景とは違って見えた。黒こげの山だったり、壁面中にある無数の弾痕であったり、このシュシャでもそう言ったものを想像していた。
崩れた建物に、それ程「戦争」を感じなかった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-07-18 21:39 | コーカサス | Comments(0)

今宵のお宿(エレバン)   

c0157625_2264298.jpg
インフォで紹介された民宿。一泊7,000ドラム(2,550円)。B&Bのはずだが朝食は付かない。部屋は個室だけど、出入りするのに他の部屋を通らなくてはいけない。ホットシャワーは使えたり使えなかったり。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-07-17 22:13 | コーカサス | Comments(0)

修道院やら、あれこれ。   

エチミアジン
c0157625_20342364.jpg
アルメニア教会の総本山。エレバンから近く、マルシュルートカも頻発しているよう。今回のコーカサスの旅で、唯一日本人に合いました。団体旅行でした。きちんと歴史や宗教を勉強していれば、もっと楽しめるのかな?インフォのお姉さん曰く、日曜は信者の参拝者でにぎわい、お勧めだそう。

セヴァン修道院
c0157625_20433393.jpg
エレバンから一時間程。町はセヴァン湖とは離れており、適当に歩いたいたら幹線道路に出て、マルシュルートカを待っているらしき人がいたので修道院に行きたい、歩いていけるかと聞くとマルシュルートカに乗れと。(このへんは推測です。最低限のことは伝わるものです。)そのうち一台のタクシーがとまり、乗ることに。
とても小さい修道院でしたが、雰囲気が良かったです。内部も美しかった。

ホル・ヴィラプ修道院
c0157625_20542556.jpg
マルシュルートカに乗り遅れてしまったが、バスを見付けてそれに乗る。現地の人に話しかけられるが、全然通じない。それでも話しは続く。やっと「コリア?」と聞かれていることを理解し、「ジャパニーズ」と答えると、周囲の乗客からも笑いが起きた。
修道院が見えてくると、カーテンを開けて、あれがホル・ヴィラプだと教えてくれる。
バスを降りたら、後は歩く。一時間程歩いた。
やっと旅に慣れてきたと感じた。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-07-17 21:09 | コーカサス | Comments(0)

くたくたになりました。   

c0157625_16452685.jpg
朝5時エレバンに到着。空港のベンチで、8時にあるであろうバスを待つことにした。でも、タクシーの客引きがうるさい。そして、その内の1人がもの凄くしつこい。ずっと話しかけてくる。もううんざり。それで、我慢出来なくなり7時に空港を出ることにした。エチミアジンまで歩こうと思ったが、方向も分かんないので、すぐに空港に引き返した。すると向こうからバスがやってくる。合図してとまってもらい、行き先を確認するとエレバンとのことで乗り込んだ。(7時半発だったもよう。客引きは9時までないと言っていた。)

終点で降りて、市街地へと向かって歩いた。しかし、全然自分の位置がつかめない。何度人に聞いても、ぐるぐると同じ所を回った。そして、アルメニアトラベルと言う会社を見付けた。ガードマンらしき男性と掃除をしていた女性に話しかけると、開店まで店内の椅子に座っていなさいと。アルメニアインフォメーションに行きたいことや、ホテルを探しているんだと言うと、電話を掛けたり、あれこれと助けようとしてくれる。そして、最後には男性に連れて行ってもらい、インフォメーションに辿り着くことができた。
インフォの女性も親切で、民宿は見付かり、修道院への行き方やその歴史など、丁寧に教えてくれた。

日本を発って丸一日、24時間以上経ってやっとシャワーを浴び、洗面した。
あぁ〜疲れた。長かった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-07-17 16:46 | コーカサス | Comments(0)

騒がしいウィーン   

c0157625_15444918.jpg
ウィーンでの待ち時間は6時間半。空港にいるのはもったいないので、市内へ出てみた。
何だか町の様子が違う。クロアチアのサッカーのユニホームを着た人たちであふれている。ラッパを吹いたり叫んだり、随分と騒いでいる。シュテファン寺院の前では凄い盛り上がりで、発煙筒をたいたりして、少し怖いくらいだった。警官が監視している。そう言えば観光客も地元の人もほとんどいない。彼らに町が占領されているかのようだった。

サッカー欧州選手権の準々決勝だったようです。自国ならまだしも、よそ様の町であれは・・・やり過ぎですよ。

行く場所もなく、ビール買って市立公園で飲んでいました。
500缶2本だけなのに、酔ったな・・・。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-07-17 15:46 | コーカサス | Comments(0)

日程   

6/20 成田→ウィーン→
6/21 →エレバン(エチミアジン)
6/22 エレバン→セヴァン→エレバン
6/23 エレバン→ホル・ヴィラプ→エレバン
6/24 エレバン→ステパナケルト→シュシャ
6/25 シュシャ→ステパナケルト→エレバン→ヴァナゾル
6/26 ヴァナゾル→アラヴェルディ(サナヒン)→ヴァナゾル
6/27 ヴァナゾル→トビリシ
6/28 トビリシ→ムツヘタ→トビリシ→
6/29 →ズグディディ→メスティア
6/30 メスティア→ウシュグリ→メスティア
7/1   メスティア→ズグディディ→バトゥミ→
7/2   →トビリシ→テラヴィ(アラヴェルディ、グレミ)
7/3   テラヴィ→トビリシ
7/4   トビリシ→カズベキ
7/5   カズベキ
7/6   カズベキ→トビリシ→ゴリ→トビリシ
7/7   トビリシ→ウィーン
7/8   ウィーン→
7/9   →成田
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-07-10 23:09 | コーカサス | Comments(0)

コーカサスの写真   

今回の旅の写真をアップしてみました。

こちらからどうぞ。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-07-10 21:52 | コーカサス | Comments(0)

帰国しました。   

c0157625_15315261.jpg
過ぎてしまえば、まぁこんなものなのかなって思ちゃう。

最初の数日間は体が、気持ちが、五感がまだ旅に慣れていなくて苦労しました。

最後になって、気が滅入ることが続き、ハァって思いました。

それでも、何とか無事にこなせました。

今回の旅も、後になってじわじわっとくるんだろうな。

いくら憧れのコーカサスに行ったからって、その後の人生は何にも変わらない。

でも、今回の旅で、ほんの少しだけ自分が成長出来ると思う。

そう思います。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-07-09 15:34 | コーカサス | Comments(2)

こりゃ大変だぞ!!   

朝起きて、民宿の主人が来るのを待っていたが結局現れず。同じ建物内の別の民宿二件はダメ。勝手にチェックアウトして、インフォメーションに行くも9時になっても開かない。もう一回聞いてみようと民宿に戻りインターフォンで呼ぶと、2回目で宿泊客が出てくれて、もう一泊したいんだけどって言うと、空いているから大丈夫だよと。それで荷物を置いてカラバフ恒久代表部へ。ビザを申請した後急いでバス乗場に行くもホルビラフ行きのバスは行ってしまった。近くを通るであるだろうバスに乗り、乗客に教えてもらって降り1時間歩いてホルビラプ修道院へ。帰りはマルシュルートカ(ミニバス)を乗り継いでエレバンへ。カラバフビザを受け取る。

天気は良いのだけれど、アララト山も小アララト山も雲がかぶっています。

マルシュルートカは乗場や行き先が分からないし、他のこともスムーズには行かない。今日も歩き続けて疲れました。

さて、宿に戻って部屋はあるのかね??
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-06-23 21:59 | コーカサス | Comments(3)

地下鉄がソ連っぽい。   

朝、雲が多かったので、ホルビラプ修道院は止めて、日曜で開いていないけど、場所を確認しようとナゴルノカラバフ代表部に行ってみた。

午後からはセバン湖へ。ほんの少ししかいなかったけど、良い雰囲気でしたよ。

ウィーンでロンプラを仕入れて、だいぶ心強くなったのだけど、地図上での自分の位置が訳分からず、迷ってばっかりです。

エレバンは、ティラナよりは整然としている感じがする。これは宗教の違いなのかね?

アララト山!!
雲がかかったり、モヤでかすんだりしていますが、でも、十分に美しい!!
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2008-06-22 21:18 | コーカサス | Comments(1)