カテゴリ:ヨーロッパ大移動( 56 )   

しょっぱなからやられちまった。   

c0157625_1803080.jpg
ソフィアに到着する。荷物が出てくるのを待って、そしてロビーに出てみると、土曜だからか両替店が閉まっている。タクシーの客引きに€15でと言われるが無視。バスに乗りたいところだが、しかし現地通貨のレフ(Lv)がないし、結局外にいた運転手のタクシーに乗ることにした。中心部までいくらかと何回も聞くがメーターがあるのでと答えない。他のタクシーも同じだろうと思いそのタクシーに乗った。
メーターはどんどん上がっていく。「歩き方」には空港のタクシーはメーターを細工しているので注意と書いてある。後の祭りだ。駅までと思ったが、アレクサンダル・ネフスキー寺院が見えたので、ここで止めてくれと言うが寺院の前まで連れて行かれた。メーターはLv30をすこし超えていた。そして運転手はメーターを止めもせず€30と言ってくる。これはLvだろう、Lv2=€1だから€15だと言っても聞かない。領収書みたいなものを取り出して書こうとしだした。そこで強めに€15と言ったら、今度はあっさりと€15になった。
降り際に「チャオ」なんて言ってくるのが気持ちを逆なでする。全く腹立たしい。

これから長い旅が始まる、その最初のソフィアに着いたんだって感傷に浸りたいところなのに、嫌な気持ちでのスタートとなってしまった。その後やっと見つけた両替店では表の看板と室内の表示が全然違うレートにまたも苛つく。

途中から雪、雨が降ってくるが、傘はバスターミナルに預けたザックの中だ。

なんてこった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2010-03-10 18:02 | ヨーロッパ大移動 | Comments(0)

今宵のお宿(パリ)   

c0157625_19544239.jpgc0157625_1954302.jpg
New Hotel / 1泊 €59(¥7,180)

北駅の向かいのホテル。玄関に€59、Wi-Fiフリーと書いてあったので入ってみた。最初€79と言われるが、自分には高いと言うと、狭いが€59の部屋があるとのこと、このホテルに決めた。

確かに部屋は狭いが、十分です。清潔にしてある。Wi-Fiは、時間が経つと再びパスワードを入力しないといけないが、ちゃんと繋がります。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2010-03-09 20:03 | ヨーロッパ大移動 | Comments(0)

今宵のお宿(パリ)   

c0157625_13424696.jpgc0157625_13425715.jpg
Hotel Saint Quentin / 1泊 €60(¥7,349)

パリの北駅の周辺には、比較的安価なホテルが数多くあり、予約なしでパリの町に到着しても、そんなに不安なくホテルが探せる。このホテルもそんな中の一軒。
このホテルは2回目である。

部屋に荷物を置いて町に出た後、ホテルに帰ると部屋を替えられていた。荷物はまだ最初の部屋にあって、自分で移動して新たな部屋へ。しかし、Wi-Fiが繋がらなくなってしまった。フロントに言っても、館内どこだって同じと言って取り合ってくれない。結局その部屋に泊まった。
翌日ネットに繋がったが、異常に遅く使い物にならない。一泊だけにして良かった。ホテルを替えることにした。
従業員も好感を持てない人があり。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2010-03-09 13:59 | ヨーロッパ大移動 | Comments(0)

パリで食べる、パリで飲む。   

c0157625_1375217.jpgc0157625_1382214.jpg
北駅の向かいあるレストラン街の一件。このお店は、前回母と入ったお店です。思い出もあるし、二日ともこのお店に入りました。
初日はムール貝。貝のだしがスープに出ていて美味しかった。量が多いがぺろっと食べてしまいました。翌日はステーキなのですが、なぜか付け合わせにベーコンが。

ムール貝(のワイン蒸し?) €10.9(¥1,336)
ステーキ ベーコン添え   €13.9(¥1,704)
レフ ブロンド 500ml    €8.2(¥1,005)

c0157625_138165.jpgc0157625_138111.jpg
モンマルトル界隈で飲みました。

クローネンブルク 500ml €4.4(¥539)
1664       小さい €3.?
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2010-03-09 13:31 | ヨーロッパ大移動 | Comments(0)

パリを歩く。   

c0157625_2334418.jpg
c0157625_22593321.jpg
夕方、モンマルトルに上ってみた。
この界隈は、パリの他の地域とはまた違った景色。
情緒的でも言おうか。
ユトリロなど、芸術家が愛した町です。

坂を下って、お店に入りビールを飲む。
そして、ムーランルージュの場所を教えてもらい行ってみた。
赤い風車が回っています。
この辺りは、雑然としたちょっと怪しげな雰囲気。

これもパリの顔の一つ。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2010-03-04 23:14 | ヨーロッパ大移動 | Comments(0)

電気の妖精   

c0157625_1922783.jpg
デュフィの「電気の妖精」です。
いくつものパネルが組合わさった大きな絵で、パリ万国博覧会(1937年)で電気館に飾られた作品です。

この絵の前に立つと、淡い、透き通った光が包んでくれます。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2010-03-04 19:54 | ヨーロッパ大移動 | Comments(0)