カテゴリ:ローマからパリへ( 34 )   

厄介な呑兵衛であるゆえ、困ったものだ。   

c0157625_23141655.jpg
ビール500缶×6本ではどうにも足りないってことで、締めにはウイスキー。普段の飲みにはオールモルトもシングルモルトもなくて良い。日本のブレンデッドは普段使いには十分に美味しい。サントリーリザーブがなかなか良い。ロックで飲むのにも十分美味しいウイスキーである。
そうやって結局は飲みすぎる。困ったものだ。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2017-04-16 23:13 | ローマからパリへ | Comments(0)

旅が終わる   

c0157625_2331579.jpg
写真はホテルの窓から。雨が降っているかなってカーテンを空けてみるととても静かで控えめな黄金色をしたパリがそこにあった。

今回の旅は、決めるにあたって色々と、かなり嫌な思いをしたし、それに旅自体はなんか物足りなくありきたり過ぎるような思いもし、どうも複雑な感じだった。でも、こうやって旅を終えてみると、どの旅も同じように素晴らしい、そんな当たり前のことが今回も改めてひしひしと感じてくる。今回の旅はこれで良かったんだ。素晴らしい旅を十分に味わったと思う、そうに違いない。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-28 23:11 | ローマからパリへ | Comments(2)

今宵のお宿(パリ)   

c0157625_2242894.jpg
Hotel de Prony   €121

当日予約サイトから申し込んで、そのホテルに行ってみると、どうやらサイトの技術的な問題で満室らしく、近くの別なホテルを紹介された。
環状線沿いで中心部からは少し離れているが、駅から近いし、パリは地下鉄が発達しているのでどこに行くにもさして問題ない。部屋はきれいでバスタブ付き、シャワーは勢いよく出るしふかふかのベット。Wi-Fiは問題ない。これだけ出せば快適なホテルに宿泊できるんだ。
夕方からは雨が降り出し、近くを歩こうと思ったがそれもそうそうに切り上げ、あとはこのきれいなホテルでひたすらビールを飲んでいました。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-28 22:51 | ローマからパリへ | Comments(0)

パリ   

c0157625_2233507.jpg
オルセーに行ったら入館締め切りの5分後で引き返し、今回ものすごく楽しみにしていたデュフィーの「30年あるいはバラ色の人生」を見に行ったパリ市立近代美術館では展示されていなく、何だか今回のパリはただホテルで飲んだくれるために滞在したようなものだった。でも、そんなパリも良いと思う。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-28 22:40 | ローマからパリへ | Comments(0)

パリで食べる   

c0157625_2211215.jpg
北駅の向かいにあるレストラン街の一つ。以前母と来て以来、この店はパリでの定番となった。ボリュームのあるムール貝、塩味にだしが効いていて美味しい。ビールと一著に。

ムール貝    €11.9
レフ(50cl)  €8.2×2杯
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-28 22:15 | ローマからパリへ | Comments(0)

今宵のお宿(パリ)   

c0157625_643496.jpg
Hotel Paris Nord   €85

パリ北駅周辺には、安宿が点在していると思い、オーストリッテ駅に到着後、北駅に移動してホテルを探してみたが、満室なところが数件で、駅からはちょっと離れたこのホテルが空いていました。Wi-Fiが繋がりにくい。朝はもっと繋がりにくく、ロービーに行っても同じ。今日のホテルを予約したいので、適当なカフェにでも行って予約しようと思ったところ、やっと繋がりなんとか予約は出来ました。
部屋は木目調になっていてそれなりにきれいなのだが、ちょっと割高な感じ。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-27 06:05 | ローマからパリへ | Comments(2)

今宵のお宿(夜行列車)   

c0157625_50533.jpg
トゥールース〜パリ   €100(2等寝台)

6人のコンパートメント。3段の中段で狭苦しい。でも。寝るだけですので。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-27 05:01 | ローマからパリへ | Comments(0)

フランスでヒッチをする。   

c0157625_2494028.jpg
フランスの国境の村L'Hospitaに到着。パリまでの切符を買おうと駅の窓口に聞いてみると、ここから途中の駅まではバスで、そこで列車に乗り換えてトゥールースまで行き、そしてパリ行きの夜行列車に乗れば良いことを窓口のお姉さんは丁寧に教えてくれた。バスまで一時間強あったので、村を歩いてみるが、とても小さくすぐに歩き終わる。そしてバスを待った。
時間になってもバスは来ない。窓口でお姉さんに聞いてみると、遅れていると言う。もう少し待ってみるがやはり来ない。乗り継ぎの列車に間に合いそうもないので再びお姉さんに聞いてみる。彼女は電話で確認した。そしたら、なんと今日は運休日とのこと。もうこの村から出る列車もバスも無いことを教えてくれた。彼女は済まなそうに謝ってくるが、もうどうしようもない。パソコンで発券しているので、そんなこと分かりそうなものだが。まぁ、ここはフランスなので。翌日の時刻表を紙に書いて教えてくれたが、それだとパリには夜にしか着かない。一日予備日をとっていたので帰国には問題ないが、こんなことで一日つぶすのはもったいない。一応ホテルに行き料金を確認して、あまり期待せずヒッチをしてみることにした。
一時間くらい試してみて、あとは仕方が無いのでこの村に泊まろうかと思いながらヒッチのサインを出していたら、なんとそんなに待たずに一台の車が止まった。この町からの公共交通手段がない、とにかくどこか大きな町までいきたいんだと言い、試しにトゥールースと言ってみると、なんと彼はトゥールースまで帰るので乗せてくれると言う。何ともありがたい。そして車に乗った。
この村からトゥールースまでは150Kmくらい。かなりの距離で、まさかすんなりと行けるとは思わなかった。本当にありがたい。
そしてトゥールースに到着。駅まで連れて行ってくれた。今日はこの町に泊まって、そしてパリに向かおうと思っていたが、思ったより早く着いて、パリ行きの夜行列車に間に合った。

今回の旅は、楽にこなせて、刺激も少ない旅のはずなのだが、こうして面白いハプニングが待っていた。車に乗せてくれた男性には自分の感謝を十分に伝えるだけのすべがない。固い握手をして別れた。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-27 03:26 | ローマからパリへ | Comments(0)

アンドラで食べる   

c0157625_3171972.jpg
歩いていたら珍しく地元感が漂うお店を発見。入ってみました。バーカウンターとテーブル席。椅子やテーブルがそっけなく、それがかえって居心地が良い。メニューを見るとスペイン語とフランス語とカタルーニャ語(?)、ビザは嫌なので何かないかと探してみるとビフテキと書いてある。それとビール。出てきた料理は牛肉とフレンチポテトに、目玉焼き、生野菜とボリューム満点。

ビフテキ  €9.5
ビール   €1.7×3
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-26 03:22 | ローマからパリへ | Comments(0)

アンドラ   

c0157625_313672.jpg
ピレネー山脈に囲まれた小さな国。税が優遇されているようで、電化製品や化粧品を売るお店が多く、さながら空港の免税ショップのよう。教会に行ってみましたが観光はそれだけ。買い物やアウトドアに来るのならともかく、一人で数時間の滞在では何もすることがありませんでした。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2012-09-26 03:03 | ローマからパリへ | Comments(0)