カテゴリ:東南アジア( 15 )   

シェムリアップで食べる   

c0157625_053290.jpg
c0157625_055382.jpg
c0157625_062571.jpg
c0157625_063868.jpg
オールドマーケットやパブストリートでは、飲み食いするにはいくらでも店があり、店それぞれによってメニューも違うので面白い。
一番上はカエル。味は良いのだがぶつ切りにしてあって骨だらけで食べづらい。他も一品2〜3ドルとお手頃です。ビールは0.5ドルで飲める。なぜか缶ビールより安い。だからスーパーで買ってホテルで飲むよりお得です。
一番下は自転車で郊外に出た時に食べました。鍋の中を見せてもらい、ひき肉を炒めたようなものだったのでこれにして、ライスも一緒にと言ったのですが最初に出てきたのはこの料理とキュウリなどの生野菜。これにつけて食べると言うのでそうしているうちにご飯が出てきました。これで1.5ドル。席に着くと氷の入ったグラスとやかんに入ったお茶が出てきた。この氷を飲んだら危ないかなって思いつつ飲んでみると美味しかった。お腹は大丈夫でした。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2013-03-02 00:21 | 東南アジア | Comments(0)

遺跡ではないカンボジア   

c0157625_23401368.jpg

c0157625_23403856.jpg
アンコールだけではないカンボジアを見てみたいと思っていた。バイクを借りて適当に走ってみようと考えていたのだが、ホテルでも町の旅行会社でもバイクは貸していない。それなら車でもと思ったが、ドライバー付きのチャータしかなく、自分で運転は出来ないようだ。仕方がないので自転車を借りて遺跡群とは違う方向を走ってみた。しかしなかなか距離を稼げる訳でもなく、幹線道路をこいでいるうちにもう疲れてきた。そしてやっと脇道に未舗装の道があったので少し入ってみるが、すぐに引き返す。今度は舗装はされているが逆方向の道に入ってみた。シェムリアップの町中とは雰囲気が違う。子供たちがハローと声をかけてくれる。ちょっと物足りなさを感じるが、それでも旅行者でごった返している町中とは違う雰囲気ちょっとだけ味わえた。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2013-03-01 23:54 | 東南アジア | Comments(0)

アンコール遺跡群   

c0157625_15543527.jpg
c0157625_1556079.jpg
c0157625_15565056.jpg
トゥクトゥクをチャーターしてアンコール遺跡群へ。バイヨン、タ・プローム、アンコールワットを始め、自力で行っていたら決して寄らなかったであろう場所も見学することが出来た。最後に寄ったアンコールワットは疲れもあって軽く流してしまったが、本当に遺跡の一つ一つが素晴らしく、感動を覚えた。特に良かったのはバイヨン。まるで急峻な山々のように迫力のある建築。そしてタ・プロームは樹木と一帯となった寺院。あまりに有名な観光地でこれまでアンコールはあえて避けていた感もあるが、やはりすごい。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2013-02-28 16:02 | 東南アジア | Comments(0)

シェムリアップへの道のり   

c0157625_17205887.jpg
早朝のバンコクに到着。シェムリアップ行きのバス停の地図をもっていなく、あらかじめ最寄り駅を調べておいてその駅に行ってみると、バスターミナルの地図があった。しかし、公園を横切らないと行けなく、その公園の入り口がなくかなり遠回り。やっと公園に入れたものの、そのあとも迷いに迷い、何回も人に聞いて何とかバスターミナルに到着できた。シェムリアップまでバスは行くらしいが、ビザを持っていないと言うと国境のアランチャプラテートで降りるようにと言われて、そこまでのチケットを買った。
バスは快適だが、冷房が効き過ぎていて寒い。そして国境に到着、どうやらビザを持っている人も降ろされ、カンボジア側で別のバスに乗り換えるようだ。
ビザはすんなり発行されたが、入国待ちの列が長く1時間20分かかってようやくカンボジアに入国。シャトルバスでバスターミナルに行く。
バスは所要3時間で9ドル、ミニバンは所要2時間で10ドルと言われ、ミニバンにするが、結局バスに乗ることに。1ドルは返金された。
カンボジアに入ると、町の乱雑さやゴミが散乱していたり、舗装はしてあるが砂煙が立ち上がっていたりと、一気に旅感が高まり車窓を眺めていて飽きない。
そんなこんなでシェムリアップ到着。予約していたホテルに行き、早速ひとり乾杯!

バンコク9:00ー13:00アランチャプラテートの先の国境  THB234(¥719)
ポイペト15:00ー17:15シェムリアップ    USD9(¥826)
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2013-02-27 18:42 | 東南アジア | Comments(0)

旅に出ています。   

c0157625_131442.jpg
カンボジアのシェムリアップにいます。
おそらく世界中から旅行者が集まっていて、旅行者密度が異様に高い。そしてこの混沌さを形成しているのは、カンボジアの歴史や社会情勢ではなく、きっと旅行者たちなのだろう。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2013-02-27 01:07 | 東南アジア | Comments(0)