<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

今日の空   

c0157625_2220711.jpg
何だか最近はすっかり停滞だ。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-29 22:24 | Comments(2)

今日の空   

c0157625_21522199.jpg
台風が過ぎて、空が一気に秋めいてきたようだ。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-22 21:57 | Comments(0)

今宵のお宿(バンコク)   

c0157625_2237839.jpg
c0157625_22371549.jpg
c0157625_22372285.jpg
CONRAD BANGKOK

コンラッドと言えば寝室と浴室の境がガラス張り。これにつきる。まぁ、言ってしまえばこの手のホテルでは珍しくないデザインなのだが、しかし、全体的にとても良くまとまった作りだ。安くささはなく、きちんと上品で美しい。

とにかく快適でした。コストパフォーマンスは極めて高い。スタッフも良い感じ。朝食は品数も味も十分。

この旅の最後にふさわしいとても良いホテルでした。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-19 22:53 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(0)

バンコクで食べる。   

c0157625_1832259.jpg
カオサンの近くで。
適当に選んでみた。これに瓶ビール2本でTHB490(1,303円)。美味しかったし、量も十分で満足。
c0157625_1833518.jpg
カオサンで。通りを行き来する旅行者や物売りを見ながら。
日本では食べられたが、本場のトムヤムスープはひと味違かった。酸味の利いたスープはまだ飲めたが、具の野菜はみょうがを強烈にしたようなものや、ごぼうをもっとこつごつしたようなものできつかった。
基本的に一人が好きで、旅も一人が良いと思っている。隣の欧米人は一人でビールを飲んでいた。しかし、ここカオサンは複数で来るのが似合うようだ。
c0157625_183446.jpg
カオサンの近くで。
さっきのトムヤムスープではお腹は満たされなかったので屋台で再び食事。ビールはコンビニで買って勝手に飲んだ。こちらは予想に反して甘い味付けだった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-19 18:22 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(0)

バンコク   

c0157625_2182471.jpg
c0157625_2183427.jpg
c0157625_2184168.jpg
今回の長い旅の終点はバンコクにしようと思った。乗り継ぎの接続が良く、直接帰国することも考えたが、帰国の前に少しクッションをとりたかった。カオサンやワットポー、それにチャオプラヤ川のボートと、一応観光もしたが、それよりもホテルの部屋でビールを飲みながらぼんやりと過ごしている方が多かった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-18 21:45 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(0)

アユタヤ   

c0157625_20162898.jpg
c0157625_20163471.jpg
c0157625_20165790.jpg
機内はビールがあったし、窓側の3列が独り占めできたおかげで横になって寝られたしで、快適だった。そして定刻より早く早朝のバンコクに到着した。ここでカラコルムハイウェーを一緒に旅した日本人男性とはお別れ。一緒に行動できたおかげで大分楽にこのルートをこなせた。ありがとうございます。

高架鉄道、地下鉄と乗り換えて鉄道駅へ。地下鉄は検札時に荷物検査がありちょっと面倒。

アユタヤに着いて歩き出すと、貸し自転車があった。歩くには少し広範囲なので借りることにしたTHB40(106円)。

日は照っていないのだが、むしむしじめじめと暑い。まだ自転車を軽くこいでいる方が楽だ。

きちんと予習すればもっと楽しめるのだろうが、今回の旅ではタイはコンラッドでだらりとビールが最大の目的なので、本来はとっても貴重な遺跡群であろうアユタヤもさらっと歩いただけだった。でも、首を切られた仏像群や木に絡まる仏頭は、とても印象に残った。

バンコク 8:55 ー 10:10 アユタヤ THB 20 (53円)
アユタヤ12:50 ー 14:40 バンコク THB 15 (40円)
*列車は定刻には来ない。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-17 21:09 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(0)

ラワルピンディー   

c0157625_21585515.jpg
予定ではお昼前には着いていて、エアコンのある安ホテルでシャワーを浴びて、時間まで休んでいようと思っていたのだが、到着した時は既に夕方。バスの車窓から見た大きなスラム街のようなところに惹かれたが、一人ではないし時間もない。まぁ、どちらにしても行ってはいけない地区だったと思う。結局バスターミナルの周囲をちょっとだけ歩いた。何か食べようかとも思ったが、道ばたに出ている屋台にある果物にはハエがたかっている。ハエがとまっているくらいはよくあることだが、これには食欲も失せてしまい何も食べずに空港に向かうことにした。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-15 22:11 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(0)

長い移動。   

c0157625_21372413.jpg
ホテルに呼んでもらったタクシーに乗りアリアバードまで行き、そしてギルギットでバスを乗り換え、昼食後に出発。このあとが長かった。

ギルギットを出て1時間くらいすると、バスが止まった。崖崩れで道が寸断している。復旧作業をしばらく見ていたが、結局歩いて崖を登って寸断箇所を越え、向かいのバスに乗り換えることになった。しかしその崖はものすごく急。地元の人は大きな荷物を持ってすらすらと登って行くが、こちらは荷物のあるなし以前に、あまりに急で怖くてなかなか登れない。もたもたしていると、バスの同乗者の人が荷物を持ってくれた。登山ガイドをしていると言う人だった。しかし、身軽になっても彼には追いつけない。そしてやっとのことで登り切ると、下りは急なのでここで待っていろ、絶対動くなと念を押されガイドの彼は下っていった。そして彼を待っていたが、なかなか来ない。他の地元の人が大丈夫だから一緒に下ろうと荷物を持ってくれた。そして下り始めると、そのうちガイドの彼が来てくれ、手をつないで一緒に下った。時には足を出して、ここに自分の足を乗せるようにと指示される。何だか申し訳ない気がしたが、もう自分一人ではどうしようもないので、彼に委ねた。彼は、ここは自分の地元なので、困っている人を助けるのは当然なんだと話してくれた。特に急な場所ではさらに他の人が体をつかんで支えてくれる。そうやってみんなに助けられてやっとのことで下りた。軟弱な日本人が珍しいのか、携帯電話で下りてくる様を写される始末。お恥ずかしい。
バスの出発を待っているうちに、寸断箇所を人が通れるようになった。待っていればこんな大変な思いをしなくて済んだのだが、これも旅ならではの貴重な経験。それにしても怖かった。

途中夕食休憩をしたのち、23時頃にまたバスが止まった。また土砂崩れだ。今度は足止めを食らった人たちがみんなで協力して大きな石をどけている。さっきあんなに親切に助けてもらったので、自分も手伝おうかと思ったが、ただ見ているだけだった。
なんとか車が通れるようになってバスは動き出した。眠ってしまい知らなかったが、このあとどうやらパンクをしてまたも時間を食ったらしい。

翌朝6時、ダッソーに着いた。ここで休憩。地図を見るとまだまだかかりそうだ。

しばらくインダス川沿いを走り、景色はまだ山間だが、もうフンザのような急峻な高峰ではなくなる。

ようやくでこぼこ道から解放されたが、そのあとも長かった。アボダバードを過ぎ、そしてついに18時過ぎにラワルピンディーに着いた。ギルギットを出たのは前日の15時過ぎだったので、27時間かけてたどり着いた。カリマバードを出たのは9時半だから、それも入れると実に32時間半かかった。さすがに後半は飽きてきたが、でも思っていたほど苦ではなかった。長い旅で体が慣れていただろうし、これであとはバンコクだ、コンラッドが待っていると思うと気が楽になった。それに1人じゃなくて、2人で行動していたこともあるだろう。

そんなこんなで今回の長い陸路の旅の終点、ラワルピンディーまでやって来ました。次はバンコクです。

カリマバード 9:30 ーアリアバード   PKR 200(200円)
アリアバード ー 14:30 ギルギット
ギルギット 15:15 ー 18:05(翌日) ラワルピンディー   PKR 2,040(2,040円)
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-13 23:12 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(0)

今宵のお宿(カリマバード)   

c0157625_2244739.jpg
c0157625_2245497.jpg
Hill Top Hotel     朝食付き PKR 1,200 (1,200円)

部屋が広く、清潔。バルコニーが付いていて、そこからの景色が最高。スタッフの感じも良く、とても居心地の良いホテル。
他に宿泊客がほとんどいないせいか、ホットシャワーは頼まないと出てこないことが多かったが、大した問題ではない。自分の部屋には最初はテレビは付いていなかったが、隣の部屋には付いていてNHKワールドが映るのでスタッフにお願いしたら持ってきてくれた。
4泊したがとても快適に過ごせた。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-12 22:40 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(0)

フンザで食べる。   

c0157625_2112879.jpg
c0157625_2115848.jpg
c0157625_212521.jpg
カリマバード滞在中に通ったLucky Star Restaurant。
メニューはいろいろと書いてあったが、カレーと麺があるくらい。行くと今日はこれがあるよと鍋を見せてくれた。写真の野菜カレー(たぶん)PKR90(90円)の他、チキンカレー(PKR100)と豆カレー(PKR100)を食べたが、どれも美味しかった。
麺PKR20(20円)は作り置きしてあるのでのびているが、スープがなかなかよろしい。
そしてフンザウォーター(無料)。はじめは知らずに飲んでいたが、この水はウルタル氷河が溶けた水。そう言えば氷河から村へと水路が通ってあり、そこに流れていた水と同じだ。鉱物なのか白く濁っている。何やら不思議な水だが、結構飲んでも何ともなかったので大丈夫。
c0157625_21305143.jpg
デュイケル村にあるEagle's Nest Hotelのレストラン。
チキンカライPKR480(480円)。カレーとカライがあって、どうやら製法が違うようだ。カライの方が値段が高い。味はカレーと同じ。高いだけあって高級な感じだった。テラス席もありまぶしい太陽の光を浴びながら山々を眺めつつ食事ができで気持ち良い。
c0157625_21462874.jpg
c0157625_2146392.jpg
カリマバードの高級ホテルDarbar Hunza Hotelのレストラン。
カールスバーグ350ml缶がPKR800(800円)とえらく高いが、食事はそんなに高くなかった。味は確か。
c0157625_21534174.jpg
ギルギットで。
ビリヤーニ(炊き込みご飯)PKR130(130円)。付け合わせの白いスープは酸味があり飲めなかった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-09-07 22:17 | ワハン、パミール、カラコルム | Comments(0)