<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

今年最後に書き綴る。   

c0157625_23281627.jpg
いろいろと書きたいこともあるのだが、今日は時間もないし、やめておこう。
東京駅で新幹線に飛び乗って、帰郷です。でも、実家じゃありません。ホテルの部屋です。まぁ、うちも色々と事情があるのです。

とにかく、自分らしく生きよう。
それしかないと思う。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-12-31 23:39 | Comments(0)

今日のビール+センチメンタルな思い   

c0157625_1944936.jpg
コロナ エキストラ 4.5 % / メキシコ

賞味期限が近く、だいぶ安くなっていた。
ライトで爽快感のある味。むしむしする東南アジアなんかでがぶがぶって飲み干すのが似合いそう。

今は本を読む習慣がなく、昔だってそんなに読んでいた訳ではないが、好きな作家の一人に、正宗白鳥がいる。中学生の時だったか、高校生だったか、覚えていないが、父親に白鳥の「何処へ」の一節を教えてもらい、その後、大学に入り日本近代文学を読むようになって、その文章に出会った。その作品が白鳥の「何処へ」だってことは当時教えてもらったかどうかも覚えていないが、その文章だけは記憶にあった。そして、その一節を読んだとき、父親が言っていたのはこの作品だったのかと感慨深かった。数十年の時を経て父親と自分が同じ文章に出会い、そして思いに耽る。

彼れは主義に酔えず読書に酔えず、酒に酔えず、女に酔えず、己の才智にも酔えぬ身を、独りで哀れに感じた。自分で自分の身が不憫になって睫毛に一点の涙を湛えた。
正宗白鳥 「何処へ」

白鳥もこの作品の主人公も、十分にインテリで十分にエリートだからこんな言葉も絵になるが、生活に追われ、窮屈な思いにどうしようもなく、身動きが取れなく閉塞感に満ちて胸がつまる日常を送っている身には、なんだかこんな芸術的な文章さえむなしさを覚える。

ついでに好きな文章をもう二つ。

常住坐臥、この人は努めて夢をみているのだ。おそらく、この人にとって、夢の中の体験は、あらゆるやくざな日常の体験を越えるものだったに違いあるまい。
ーだからさ、結局、日常の体験をぜんぶ追っぱらってしまえば、その空白に、ほんとうの体験がはいってくるのだろう。
〜ほんとうの体験は、体験のないところに成立する。体験とは、体験しないことなのだ。

澁澤龍彦  「体験」

窓の外に、鋭角を両端にそなえた月が、鼻歌でもうたっているかのようにぶらりんぶらりん揺れている。その次に気付くと、赤いツノ形のお月様はいつの程にか退場して、真っ暗な所に、青白い星くずばかりが時を得顔に燃えていた……ひっきりなしのしゃっくりが急に止まったような一刻、それもシニックな近代劇のひと幕を観ているような気持……僕は自分になにか忘れ物があることに気がついた。
稲垣足穂 「美のはかなさ」
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-12-21 20:16 | Comments(0)

今日の空   

c0157625_2047413.jpg

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-12-16 20:59 | Comments(0)

Photos of the day.   

c0157625_2029499.jpg
用事に行くのに、早く家を出て歩いていたら、天気も良いことだしと雑司ヶ谷へ足が向いた。そして鬼子母神前にあるお店へ。毎度の天丼です。大きな海老2本と他にもボリュームがある。衣はさくさくって感じではないのだが、これはこれでよろしい。他のメニューも試してみたいのだが、ここに来る時は天丼を食べたくなって入るので今回も天丼でした(1,050円)。
c0157625_20291452.jpg
c0157625_20291137.jpg

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-12-11 20:37 | Comments(0)

今日のビール   

c0157625_22313918.jpg
ヴァイヘンステファン・ヘフヴァイス 5.4% / ドイツ

フルーティーな香りに酸味の効いた味わいは正当派のヴァイツェンそのものです。やっぱりドイツのビールはまざりっけなしでガツンと美味しい。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-12-09 22:39 | Comments(0)

A photo of the day.   

c0157625_17193346.jpg
帝国ホテルのロビーにもクリスマスツリーがありました。

今朝、家を出たらみぞれ混じりでした。寒かった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-12-09 17:24 | Comments(0)

A photo of the day.   

c0157625_20385014.jpg
神宮外苑の銀杏並木。曇天の寒空でしたが、それなりに人は出ていました。屋台村のような一角もあった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-12-06 20:41 | Comments(0)

贅沢してきました。   

c0157625_2218309.jpg
ホテルニューオータニの部屋から。26階か。
泊まった訳ではないのですが。
実は、両親が上京してきまして、ニューオータニに宿泊し、それで部屋を見せてもらいました。ホントは部屋で宴会を開いたのですが、まぁ、内緒ってことで。
タワーの方で、そんなに高級って感じでもないのですが、でも、狭い訳でもなく、十分です。本館のロビーも歩きましたが、こちらは豪華って感じです。一昔前の日本の高級ホテル感が出ていて、なかなか良かったです。帝国ともオークラとも違う、これぞ御三家の一角って感じが出ていて面白い。
c0157625_22183439.jpg
部屋でそこそこ飲んだあと夕食へ。さすがにニューオータニ内では高いなって思い、向かいのエクセル東急ホテルのテナントにあるお寿司屋さんへ。仙台やデパートにもあるチェーン店なのですが、ここ赤坂では、場所柄気軽に食べるって感じではなかった。でも、突き出しのナマコに先ず感動。初めてです。ものすごく固く、かむのも大変。でも、味わううちにその旨味がどんどん引き出されます。美味しい。父親はナマコを食べるのは40年ぶり以上と言っていました。ナマコを食べられただけでもこのお店に来たかいがあります。握りもおいしい。やはり値段だけのことはあります。ちなみに写真は5,250円だったかな。どれもその味をしっかりと味わえて、美味しく頂きました。別で頼んだ焼き本ししゃもも美味しかった。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2011-12-05 22:45 | Comments(0)