<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

旅は少しお預けです。   

5連休は取れたのだが、他部署の同僚が仕事を抱え込んで休みを取れていないので、お手伝いすることにした。彼がそれで休みを取れるのなら、こちらとしてもほんのちょっとでも役に立てて本望だ。

って言うのは嘘くさい美談で、ニューヨークに行こうと思っていたのだが安いチケットがなくなっていたので急遽思いついただけなのです。もちろんまた別の機会に連休は取るつもり。もう少し暖かくなってから改めて旅にでよう。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-02-28 11:50 | Comments(0)

A photo of the day.   

c0157625_16493126.jpg
天気が良くてぽかぽかしていて気持ちの良い日だった。
梅の花も満開。
春が来たのだ。

来月上旬に5連休を取る。旅に出ようと思っているが、だらっと過ごすのも良いかとも思う。まだ決めかねている。でも、前回のカンボジアからちょうど1年が経ったことだし、もうそろそろ新たな旅を始めたいと思う。

行き先はニューヨークになるだろう。アジアにも気になる場所はいくつかあるし、ウィーンやパリにも憧れる。でも、今回はニューヨークが良さそうだ。あとはタイミングが合えば良い。その時適当なチケットがなければ、それはそれで良し。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-02-26 17:03 | Comments(0)

A photo of the day.   

c0157625_16175936.jpg
先日東京では大雪になったばかリなのに、また本格的な雪。交通は前回程ではないが、やはり麻痺している。家と職場を結ぶ地下鉄線はほとんど雪の影響がなく、帰宅するにも問題はない。
雪が積もると、雪に消されて音が遠くに聞こえる。これが心地良い。いつもうるさい大通りに面したこの部屋も、今日は静かだ。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-02-15 01:28 | Comments(0)

ぶらっと信州(その2)   

c0157625_22423174.jpg
帰りは軽井沢によった。その後、碓氷峠を下ることにした。旧信越本線の線路跡が見える。
レンガのアーチにノスタルジア。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-02-05 22:47 | Comments(2)

今宵のお宿(美ヶ原温泉)   

c0157625_21531026.jpg
c0157625_21530140.jpg
ホテル翔峰

素泊まりプランがあり、だいぶお安く泊まれました。
松本の町の住宅街のはずれにある大きな旅館。温泉街の情緒はまるでなく、館内でゆっくり過ごすのが適しているか。
部屋は10畳。綺麗だし、広々している。部屋からは松本市内や向こうの山々が見えるが肝心の常念岳は見えにくい。だから安いプランの部屋なのだろうけど。
風呂は大きく露天もある。しかしお湯にこれと言った特徴はなく、ただ大きな浴室があるだけと言った感は否めない。でもゆったり綺麗な施設で過ごせるのだから問題はなし。
風呂は夜中の1時から5時までは入浴できず。珍しく早く目が覚めて、風呂が開くまで待っていなければいけなかった。あと、18時に布団敷きをお願いしたが、実際にきたのは18時50分頃。それまでもお酒は飲んでいたが、おおっぴらに飯台に食料を置くのは控えた。その待ち時間が長かった。
全体としては、同じ料金でビジネスホテルに泊まるのとは違った楽しみを味わえる、良い旅館でした。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-02-05 22:38 | Comments(0)

ぶらっと信州   

c0157625_21214023.jpg
連休を利用して松本の美ヶ原温泉に行くことにした。
雪を見たくて、草津温泉にでもと思っていたのだが、直前に予約しようと考えていた旅館は満室。そして探すうちに美ヶ原温泉を見つけた。

車を借りて、中央道を走り松本へ。とりあえずお城は見ようと車で一周していると、駐車場の付いたそば屋さんがあったのでそこの車を止めた。
そばを食べた後、堀沿いを少し歩いた。風格のある、どっしりとしたお城。
車を走らせ開智学校(昔の学校が当時の建築で残っている)と松本深志高校(名門の伝統公立校、昔の建物も一部残っている)を車の中から見て、その後どこかスーパーに寄りたいと思い見つけたが、ぱっとしなかったので駅前の井上デパートに行き夕食の寿司を買った。そして途中の西友に寄りビールやらを買って美ヶ原温泉へ。

気温は低く、寒いのだが雪はない。拍子抜けしてしまった。しかし、松本は気になる町。深志高校なんて、何となく憧れていたので、いつか見たいと思っていました。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-02-05 21:49 | Comments(0)