<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

今宵のお宿(草津温泉)   

c0157625_18242477.jpg
ホテルヴィレッジ ¥11,800(2人一室、食事なし)

当日予約して、チェックインが夜中でも出来ることもあって選びました。旅館だとチェックインの時間が早く閉め切ってしまうところもあるのです。
実際23時を過ぎてチェックイン。
c0157625_18241130.jpg
フロントで、間接照明しかないので暗いことの断りがあったが、実際部屋に入ってみると全く問題ない。
部屋は広く、セミダブル2台とソファーベットがある。館内の平面図を見るともっと狭い部屋があったので、最安値のプランだが広い部屋にしてくれたのだろう。バスルームのアメニティーも揃っている。ベランダがあり、隣の部屋の人がいなければ、開放的に使える。しかしこの部屋、4階に位置しているが傾斜地に建っているためいわゆる1階の部屋になっている。林が見えるだけで、展望は利かない。しかし、寝るだけのような部屋の使い方だし、特には問題ない。
テレビを見ながらビールを飲んで話をして、お風呂に入って就寝。翌日は遅めに起床して風呂へ。とても気持ちの良い、ゆったりと疲れるお湯でした。
なかなか良いホテルでした。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-22 18:51 | Comments(0)

軽井沢は面白かった。   

c0157625_22102996.jpg

c0157625_22104242.jpg
軽井沢にて昼食(朝食)。
おいしいそばを食べたいと思い、田舎風の渋いところでもないかと探したが、結局は旧軽井沢の真ん中の川上庵へ。
外装、内装、店員さん、接客、雰囲気も、どれもが言わゆる「そば屋さん」とは一線を画す。
見た目重視かと思いきや、料理は大したものだ。そばは弾力があり風味もしっかりしている。かなり「おいしい」部類に入る。天ぷらもしっかりとうまい。今は移転してしまった小樽の「樽そば」、雑司ヶ谷の「和邑」と並んで、私にとっての特別なおそば屋さんが一つ増えた。
c0157625_22110739.jpg
お腹が満たされて少し歩いた先が聖パウロ教会。
小さくかわいらしい教会。
c0157625_22112574.jpg
万平ホテルではお土産選び。
c0157625_22114101.jpg
最後に見晴し台へ。妙義連山、浅間山と展望が開けている。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-20 22:42 | Comments(0)

ちょこっと旅、草津・軽井沢   

c0157625_22013347.jpg
19時半、池袋を出発。高速に乗るまでが長かった。高速を降りてからも長かった。
23時前に草津に到着。湯畑を見て観光気分。コンビニでビールを買ってホテルへ。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-20 22:06 | Comments(0)

今宵のお宿(京都)   

c0157625_19584455.jpg
京都トラベラーズイン   ¥4,320(税込み、食事なし)

岡崎、京都市美術館の近くにあるホテル。中心街に近く、バスや、少し歩いて地下鉄に乗れば繁華街には容易に行ける。コンビニが近くにあり便利。しかし、ホテルの周囲は静かで、旅館気分が味わえる。
c0157625_19582846.jpg
このホテルは2回目。前回も和室6畳、その時は2人で使った。
はじめに部屋に入った時、6畳って狭いなって思ったが、お酒を飲んで畳に横になってひびの入った天井を眺めているうちに、そんなことはどうでも良くなってきた。
勝手に自分で布団を敷き、後はだらっと。そんな時間の過ごし方が心地良い。 
 
c0157625_19580601.jpg
部屋にはユニットバスがあるが、地下にある大浴場が良い。そんなことも旅館っぽい。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-13 20:41 | Comments(0)

青蓮院   

c0157625_18275882.jpg
祇園でバスを降りて、八坂神社を通り抜けて一度歩いてみたかった石塀小路へ。確かに風情があるが、思った程ではなかった。
そして青蓮院へ。大きな楠が出迎えてくれる。
c0157625_18281334.jpg
曼殊院と並んで、京都でも大好きな場所。ここも存在の全てがとても上品なおもむきがある。うつくしいと言う言葉が実に似合う空間です。
c0157625_18283993.jpg
c0157625_18285788.jpg
c0157625_18293829.jpg

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-13 18:59 | Comments(0)

東福寺   

c0157625_16512886.jpg
どこか行ったことのない場所へと思い、京都の紅葉の名所の一つである東福寺に行ってみた。京都駅からバスで向かったのだが、直通のバス停にはひときわ長い行列が出来ており、バスの本数も少ないようで乗れず。とりあえず違う路線に乗り途中で降りて、乗り換えてたどり着いた。
c0157625_16514451.jpg
通天橋からの眺めは絶景。色の濃淡が一層美しさを際立たせている。
c0157625_16520314.jpg

c0157625_16521863.jpg

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-13 17:22 | Comments(0)

曼殊院   

c0157625_18191296.jpg
東山沿いを北に進み、一乗寺辺りから山腹に入ると、その静かな門跡はある。
背後の山に抱かれたこの門跡は、その建物も、庭も、どことなく控えめで、しかし気品を感じる。清々しい空気、青空に映える紅葉、とても心地良い時間が流れている。
c0157625_18193735.jpg

c0157625_18205770.jpg
c0157625_18212663.jpg
この辺りは中心部にはないのどかな景色もまた美しい。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-12 18:47 | Comments(0)

ほんのした気分転換としては、なかなか良いものです。   

c0157625_20464131.jpg
何だかゆるい旅だったが、やはり京都は美しい。紅葉も素晴らし。

京都にいるときもしたいと思ったが、東京に帰ってきて、母親に電話した。そんな気分にさせてくれただけで、京都に行ったかいはあるってものだ。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-11 21:06 | Comments(0)

御三家   

c0157625_2312037.jpg

c0157625_23111715.jpg

c0157625_23104267.jpg
京都を代表する名門旅館が、三条河原町の繁華街からから少し入った麩屋町に固まって3軒ある。写真の順番で、俵屋、柊屋、炭屋である。ホテルだと、昔風に言えば帝国、オークラ、ニューオータニ。今ならペニンシュラ、リッツカールトン、パークハイアットと言ったところか。いずれも中心街にある旅館は、部屋も温泉ではない風呂も庭も決して広くはないだろうが、建物好きとしてはやはり憧れる。しかし旅館は敷居が高い。食事込みってところが厄介。こちらはだらっとテレビを見ながらデパートで買ってきた総菜をつまみに缶ビールでも飲んで、浴衣をはだけながら好き勝手に過ごしたいところだが、一つ一つ運ばれてくる料理では、そんなだらしない様では格好がつかない。布団を敷きにこられるのだってそう。何かと旅館は制限がある。しかし、一泊6万出して51階の部屋に泊まるのなら、こんな旅館に泊まるのも一興だろう。炭屋が渋そうだ。それから、修善寺にある柳生の庄。ここも一度は泊まってみたい名旅館だ。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-10 23:36 | Comments(0)

秋たび京都   

c0157625_19075467.jpg
c0157625_19081570.jpg
ホテルで少し休んで、そして永観堂のライトアップへ行ってみた。まだ色づきはじめだが、それでも鮮やかな紅葉を見ることが出来る。
紅葉のライトアップをまじまじと見たのは初めてだが、なかなかドラマチックできれいだ。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2014-11-10 23:08 | Comments(0)