<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

今日の空   

c0157625_22133151.jpg
今日こそは部屋を片付けようと思ったが、ほとんど進まなかった。遅くに起きて、昼前からお酒を飲み始めればそうなるのは分かっていたこと。このままゴミ屋敷となるのだけは阻止しなくては。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2015-05-31 22:21 | Comments(0)

さくらラウンジ健在   

c0157625_22583481.jpg

今日は用足しに東京へ。
ランチは親友と雑司ヶ谷の「魚河岸亭 旬」にて。今日の日替わりは鮭のハラス。美味しいし、量もあるしで満足。
雑司ヶ谷を歩いていると、何も東京だってこんな閑静な場所があるのだから、地方に行かなくてもって思いも湧いてくるが、でも、それでも違うのです。東京は東京であるように、名古屋は名古屋。東京では味わえない、名古屋だからこその楽しさがいっぱいあると思う。
c0157625_2258304.jpg

食事後はお目当てのカフェへ。しかし今日は休業日。適当に歩き、着いた先は私の出身校のキャンパス。入ってみると、今でもさくらラウンジはあり、ラテ(¥150)を注文。窓越しに座ると葉の生い茂った木々の間から血洗いの池が見える。こんな景色が大好き。学生の雰囲気も宜しい。ラテも美味しい。何だか居心地が良い場所。やっぱりこの大学ならでは。

夕方は銀座の馴染みのお店へ。飲んでいると、仕事を抜け出して駆けつけてくれた飲み友達に感激。楽しい時間を過ごせた。

そんなこんなで20時の新幹線に乗り名古屋へ。

名古屋に帰るってことが、すごく不思議で面白い。
本当にこれからが楽しみです。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2015-05-27 23:38 | Comments(0)

日曜日、一向に部屋が片付かない。   

c0157625_20542391.jpg
部屋のベランダから。

東京からは、札幌時代から使っていた思い入れのある机代わりのテーブル以外は、家電も家具も食器も処分して名古屋に来たので、それらが揃うまで時間がかかり、荷物が部屋に着いても、段ボールを開けるのも面倒、家具はIKEAとかニトリの組み立て式なのでこれもまた面倒。ようやくそれらしくなってきたが、それでも部屋には乱雑に段ボールやらが散らかっている。部屋が片付くまでにはもうしばらくかかりそうだ。

東京のときと比べると不便で仕方がない。買い物は、コンビニもスーパーも歩いて10分くらいの駅前まで行かないとない。職場は中心街からは離れているので、通勤ついでにお店を回ることもできない。でも、その分東京での生活では得られなかった物も沢山手に入れた。部屋にいると鳥の声が聞こえてくる。木々が多く、風に吹かれて葉音が聞こえてくる。とにかく景色が気に入っている。ベランダから、窓際から、部屋越しに、それぞれ景色が違い、違った表情で木々が見える。近くを歩けば素敵なお家が並んでいて、それを見るのも楽しい。
名古屋に来て良かったのだと思う。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2015-05-17 21:27 | Comments(0)

旅立ち   

c0157625_23165955.jpg
さようなら、
ありがとう、
東京。
c0157625_2316283.jpg
こんにちは、
よろしくね、
名古屋。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2015-05-09 23:18 | Comments(2)

雪遊び楽しい!!   

c0157625_20245263.jpg
6時に起きて朝食前に近くの展望台まで行ってみた。この一ヶ月だらだらと過ごしていたからか、思っていたよりもぜーぜー言いながら山道を登り展望台に到着。村の家屋の赤い屋根が連なり、山深い静かな村が見て取れる。
c0157625_20252610.jpg
御池まで行き、適当に雪の上を歩いてみた。天気が良くて空は青く、暖かく、雪は白く輝き、とにかくきれい。雪上を赴くままに歩く気持ち良さは格別でした。
c0157625_20251917.jpg
燧ヶ岳がきれいに見える。
c0157625_20251541.jpg
適当に上って、一気に駆け足で下る。何とも爽快でした。

とにかく気持ちの良い雪遊びに満足でした。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2015-05-03 20:40 | Comments(0)

今宵のお宿(檜枝岐)   

c0157625_19531455.jpg
c0157625_19533747.jpg
檜扇   (¥8,700 二食付き)

共同浴場「燧の湯」のすぐ近くにある民宿。とは言え、建物は他の民宿よりは一回り大きめ。部屋も7.5畳あり広くてきれい。利用しなかったが内風呂もなかなか良さげでした。
そして食事。夕食は一品ずつ運ばれてくる。郷土の物を中心に、普段なかなか食べられないような料理で美味しい。朝食も品があって控えめで良い。それから、檜枝岐のお水の美味しいこと。女将さんの接客も居心地が良いし、とにかく満足な宿でした。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2015-05-03 20:06 | Comments(0)

檜枝岐への旅   

c0157625_19172063.jpg
大好きな福島県の檜枝岐、名古屋に行く前にと、仙台の親友と那須で合流して行ってきました。
お昼前には檜枝岐に到着。名物裁ちそばを食べた後、村を散策。水量が多く、流れの強い川沿いの桜は、ちょうど満開でした。
c0157625_19173913.jpg
この村は歌舞伎で有名。
c0157625_19185798.jpg
尾瀬にはまだ雪で行けないので、ミニ尾瀬公園へ。いかにも人工的に作った感があるが、水芭蕉が咲いていたし、良しとしよう。

民宿にチェックインした後は、お風呂に入ってビール飲んでだらっとして、今度は違うお風呂へ。
のんびり過ごした。贅沢な時間の過ごし方でした。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2015-05-03 19:42 | Comments(0)

とっても素敵な学び舎でした。   

c0157625_19513951.jpg
出身大学に行き、卒業証明書を発行してもらった。
ついでに図書館利用カードも作った。
この時期、緑が一気に濃くなり、一層この大学は輝く。季節に関係なく、いつでもこのキャンパスは、私を特別な世界へと誘ってくれる。
勉強したい、勉強始めようか、とにかく、本を開きたくなる、そんな気持ちにさせてくれる場所だ。
新しい生活が始まったら、やりたいことは沢山あるのだけれど、せめて何か一つでも、勉強して、知識を増やすことに時間を割きたいと思っている。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2015-05-01 20:36 | Comments(0)