<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

動物園に入ってみる。   

カラヴァッジョを見ようと上野の西洋美術館に行ったら、思ったより混んでいたので、ふと動物園へ。
動物は全般に苦手で、あの臭いにも辟易だが、それなりに見入ってしまった。
c0157625_23021545.jpg
ホッキョクグマ。
c0157625_23023179.jpg
c0157625_23024725.jpg
初めてパンダを見た。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2016-05-18 23:13 | Comments(0)

Photos of the day.   

c0157625_21442514.jpg
c0157625_21441197.jpg
気分転換にもなるかと思い、休みを取ったので草津に行こうと思っていたのだが、結局は行かなかった。
部屋から見える景色は、ふと、ほんの少しだけ気持ちを楽にさせてくれる。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2016-05-17 21:55 | Comments(0)

近所に咲く花   

c0157625_21503570.jpg
色んな事が思うようには行かず、なかなか大変ではあるが、まぁ、そんなこともそのうち解決するのだろう。


[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2016-05-15 22:25 | Comments(0)

ぎりぎりのところでやっております。   

I'm in very bad condition, so it's the difficult situation that I go to a company and do usual work. actually, I'm not in the state that I can go to a company to work.What on earth will happen to me. A countermeasure will be in me, but it isn't certain what that is.It's already impossible to maintain the life now. I have got intensified to there.

言いたいことは、もう限界をゆうに越えてしまいましたってこと。
辛いです。この先どうなるかは、まぁ不可抗力に任せます。
もしこの仕事を維持するのが無理ならば、それは仕方がない。実際もうそう言う状況にまで来てしまったのだから。

まぁ,何でも良いので、この状況で動いてみましょう。
何か見つかれば儲け物、でなければ、また生きる術を考えれば良いだけ。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2016-05-08 23:13 | Comments(0)

東北を感じる。   

c0157625_21200917.jpg
東京への野暮用。野暮用なんて言っているけど、現状では東京に来ることは最も重要な用足しとなっている。しかも、月一回ではとても追いつけなくなっている。なかなか深刻な問題ではある。
まぁ、そんなことは置いておいて、せっかく東京に来たのならと、出身校を散策。
若葉が生い茂り、どこからともなくこの時期の緑の生命力を感じる。葉の、木々の、そして土の香りが漂う。
c0157625_22011880.jpg
今回はせっかくなので北に向かいます
行く先掲示板に新函館北斗の文字があることに感慨深い。
c0157625_21211788.jpg
旅の雰囲気を少しでももり立てようと、いくらとかにの入った駅弁なんて買ってみた。美味いのだが、なんと言えば良いのか。
c0157625_21213219.jpg
広瀬川を渡り、市街のビル街が見えるといよいよ仙台。
c0157625_21214470.jpg
c0157625_21215867.jpg
山形県大石田の次年子、七兵衛そばに行くと、まだ開店20分前なのに長蛇の列。どれだけ待ったら案内されるんだろうと考えてみて、暫く順番は回ってきそうもないので、ここでの昼食はやめた。
そして車を進めて羽黒山、五重塔に近い宿坊街。一件の蕎麦屋(商店)を見付けた入ってみた。
そばは十分においしい。何より、山菜の天ぷらにはご満悦。良いそばを食べました。
c0157625_21222076.jpg
そして今日は名古屋に帰る。
予定していた新幹線に乗り遅れたので、(切符はネットで変更できた。)大きくなった仙台駅の駅ビルをぶらりしてみた。
仙台もどんどん変わる。町並みも、お店も変わる。それでも仙台は仙台。とても良い町であることには変わらない。
c0157625_21224991.jpg
帰りの新幹線では、念願のはらこ飯。時期は違うが、鮭の切り身にいくら、そして
炊き込みご飯。これがハラコ飯なのです。酢めしや白米にいくらと塩鮭の切り身を置いた物とは全く違うのです。錦糸玉子は必要ではないのです。やはり、これはほとんど仙台でないと食べられない一品です。

隣の文庫は一番町の金港堂で買いました。渋い本屋だ。決して昨今の大型チェーン店とは、その空気が違う。
c0157625_21230917.jpg
なんだかんだで名古屋に帰ってみると、自宅に入れば何となくほっとする。
ちょっとは名古屋人にでもなったってことなのか。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2016-05-04 22:45 | Comments(0)