ごちそうさまでした   

ロンドンと言えばこれ・・・ギネスとフィッシュアンドチップス。
もっと小さくして、安くすれば良いのに。
c0157625_4295042.jpg
食べかけの写真で済みません。これで半分です。
[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-12 04:32 | 南バルカン | Comments(4)

ロンドンの写真   

それにしても、前回の写真と同じような写真だ。まぁ、同じ場所に行っているんだから当たり前なのだろうけど。
(http://jinguumae.exblog.jp/を参照してね。)
c0157625_4512065.jpg
c0157625_4525788.jpg
c0157625_4534550.jpg
c0157625_454216.jpg
c0157625_4541462.jpg
c0157625_4542578.jpg
c0157625_4544934.jpg
c0157625_45516.jpg
c0157625_4551945.jpg
c0157625_4553319.jpg
c0157625_4554754.jpg
c0157625_45655.jpg
c0157625_4562334.jpg
c0157625_4563998.jpg
c0157625_21402290.jpg
c0157625_457746.jpg
c0157625_4572845.jpg
c0157625_4574272.jpg
c0157625_458182.jpg
c0157625_458148.jpg

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-11 21:34 | 南バルカン | Comments(0)

ロンドンナショナルギャラリー   

前回、祝日で休館だった為見れなかったロンドンナショナルギャラリー。凄く楽しみにしていました。
お目当ての絵二作品。
どう表現すれば良いのやら・・・“凄い”とか、“好き”とか、そんなありきたりの表現が一番本心を付いているのかも・・・。

フィリッポリッピ「受胎告知」・・・好きな画家は沢山いて、そのどれもが比較のしようが無いのだろうけど、あえて最も好きな画家を挙げるのであれば、フィリッポリッピです。その中でも、ここにある受胎告知は凄く引かれていました。館内撮影禁止だったので、写真は無いのですが、兎に角一度見て下さい。あのマリアの表情・・・イチコロです。

ヤンファンエイク「アルノルフィーニ夫婦の肖像」・・・大学の美術史の授業で知った絵で、実際に見てみたいと思っていた。何とも不思議な雰囲気を持っている作品。引き込まれてしまった。ロンドンナショナルギャラリーと言えばこの絵です!!

他にも、フェルメールの「ヴァージナルの前に立つ女性」と「ヴァージナルの前に座る女性」(前者の方が扱いが上の感じがしたけど、個人的には後者の方が良かった。それぞれの絵の女性を見て下さい。ほら、何となく分かるでしょ??)とか、ボッティチェリとか、ゴッホの椅子の絵とか、本当に良かった!!
c0157625_9525016.jpg

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-11 21:02 | 南バルカン | Comments(0)

仙台   

東京よりも空気が冷たかった。

とても良い感じでした。

岩手にも行ったんだけど、もっと寒かった。

やっぱり北が良い。
c0157625_9534415.jpg

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-11 19:59 | Comments(0)

イギリス入国   

イギリスの入国審査は、それなりに質問してくる。そんなことは聞いていたけど、まさかこんな面倒なことになるとは。

飛行機は30分遅れて15時にロンドンヒースロー空港に到着。何とか暗くならないうちにホテル決まりそうだな、と思いつつ入国審査へ。入国カードの滞在先は空欄。そこを突っ込まれてしまった。前回と同様に、予約はしていないと言うと、何でだと言われる。忙しかったからだと答えたが、向こうは納得しない模様。チケットを見せて、ほら、このチケットだって3日前に取ったんだ、時間が無かったんだよ。と言ったら、今度は何で3日前に取ったんだと返される。そんな感じで雲行きが怪しくなってきたのだが、その後がまずかった。所持金を聞かれて、適当に答えてしまった。それじゃ旅続けるには少ないとなり、それから職業、収入、家賃等々、尋問が続いた。そして、荷物検査をして、2回係官が事務所に入って待たされ、所持金が申告と違うことが見つかって、もっと面倒なことになるのか?入国拒否とか?って頭を過った。

結局1時間30分後に、入国を認めますとのお許し。しかし、所持金は違っていた、それから、今度来る時はホテルは予約するように、と言われて無事解放。
最後に「ごめ〜んね」って言って晴れてイギリス入国となりました。

おかげで外は暗くなってしまった。

教訓。
「権力には従順であれ」
[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-07 22:05 | 南バルカン | Comments(0)