ギロガステル   

予定では、海沿いのサランダに行くつもりだったが、ギロガステルが途中にあるので、ギロガステルに行ってしまうことにした。
時刻表で確認した7時発のカカヴィア行きのバスに乗ろうと思っていたが、そのバスは無く、8時発のサランダ行きのバスに乗った。
バスを待つ間、露店でチップスを買ったのだが、お店のおばあさんがにこっとして、何かを言いながら顔を触ってきた。きっと良い人なんだろう。

12時40分ギロガステルに到着。バス停は町から離れていて、少し歩いた。ホテルを探していると、プライベートルームの客引きにあったので、部屋を見てみたが、暗い部屋だったので止めた。その後、これは高そうだと通り過ぎたホテルに入り、安かったのでそこに泊まることにした。

町を歩こうと思ったが、雨が降っているので止めて、両替をし、スーパーでビールを買ってホテルに戻った。
雨が止むのを待ったが、強くなってきて、止む気配がないので町へ出た。
どしゃ降りとなってしまい、さっとしか歩けなかったが、とてもきれいな町だった。
c0157625_2024286.jpg

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-31 20:03 | 南バルカン | Comments(0)

旅行書   

「地球の歩き方」も「旅行人」もアルバニア編はない。それでロンリープラネットの「Western Balkans」を持って行ったのだが、これがかなり役に立った。旅立つ前は、どうせ英語なんて読まないし、地図くらいをコピーして持って行けば良いかなと思っていたんだけど、本当に持って行って助かりました。
旅行書も地図も持たない旅なんてのも格好良いのだろうけど、日本ならまだしも、外国では、効率的な旅をするにはやっぱり必要です!
[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-31 19:18 | 南バルカン | Comments(0)

今宵のお宿(ベラット)   

一泊13ユーロ(2,170円)。十分にきれいな部屋である。
シャワーを浴びていると、途中からお湯が出てこなくなった。温水タンクは無かったので大丈夫かと思っていたら・・・何とか石鹸を流して無事終了。
夜、数回停電になった。こんなことでも旅をしているんだなって感じる。
c0157625_18471694.jpg
c0157625_18473187.jpg

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-31 18:48 | 南バルカン | Comments(0)

ベラットの写真   

c0157625_1892055.jpg
c0157625_1894622.jpg
c0157625_1810836.jpg
c0157625_18102638.jpg
c0157625_18103733.jpg
c0157625_18104935.jpg
c0157625_1811219.jpg
c0157625_18111636.jpg
c0157625_18112918.jpg
c0157625_18114429.jpg
c0157625_18115633.jpg

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-31 18:12 | 南バルカン | Comments(0)

ベラット   

ベラット行きのバスターミナルがはっきりしなかったが、見当を付けた2つのうち片方のターミナルを目指して歩いた。「ロンプラ」の地図とは少しずれていたが、人に教えてもらいバスターミナルは見付かり、ベラット行きのバスもあった。

8時40分、バスは発車した。途中、デュレスを経由し、そこでちらっとだがアドリア海が見えた。これでバルカン半島を横断したことになる。何だか感慨深い。
バスの振動に辟易しながら、ようやく12時前、ベラットに到着した。

ベラットの町は、川沿いに中心街を持つ家並みと、丘を登った所にある城壁に囲まれた部分とに分かれている。

初めに坂を上り、丘の上を歩いてみた。入場料を払って城壁内に入り、暫く歩いて昔の教会や町の跡の遺跡のような所を歩いていると、急におじさんが案内をしだして付いてきた。すぐにガイドだと思ったが、暫くそのままにしておき、そしてその遺跡を離れようとしてもまだ付いてこようとしたので、そこで断った。案の定お金を要求されたが、払わなかった。
ジャケットを着ていて、時々イタリア語っぽい英語が混じっていたが、それでもきちんとガイドをしていた。こっちにその気が無いことをガイドと気付いた時点で言わなければいけなかった。彼に対して失礼なことをしてしまった。
その後も町を歩き回った。天気が良い。山がきれい。
c0157625_17132620.jpg
c0157625_17135637.jpg
c0157625_1714878.jpg


下の町に降りて、バスターミナルに行きバスの時刻を調べ、そして近くのレストランに入った。スープと肉とビール2本で620レク(5ユーロ強)でした。
少し酔って、町を歩いた。丘の麓に家々が建ってあり、その間を細くて急な道が縫うように通っている。
c0157625_17143178.jpg

その後違う丘も歩いてみようと道を探しているうちに、モスクに入ってしまい、出ようとしたら一人の男性が中を見ないかと言った感じで近寄って来て、その気は無かったが付いて行ってしまい、そうすると鍵を開けてモスクの中を見せてくれた。やっぱりお金を要求してきて、今回はそこの管理人だろうから200レク払った。向こうにしてみれば商売なんだから当然なのだろうが、こう言うやり方はキライだ!
[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-31 17:18 | 南バルカン | Comments(0)