アルバニア入国   

予定では、オフリド湖の南側の町までバスで行き、そこから歩いて国境を渡りアルバニアに入国して、タクシーで町まで行き、そしてティラナ行きのバスに乗る計画だったんだけど、旅行会社に聞いたところ、ストゥルガと言う町から、湖の北側の国境を経由するティラナ行きのバスに乗れるとのこと。そのルートにすることにした。

9時にホテルを出た。旅行会社で教えてもらった銀行前で、いつ来るか分からないバスを待つ。バス停はもちろん、時刻表も無い。
30分弱待って、バスは一台も通過しなかったがタクシーが停まった。行き先を聞かれ、ストゥルガと言うと1ユーロで乗せるとのこと。その相乗りタクシーに乗った。
ストゥルガの町で降り、運転手はバスターミナルの行き方をきちんと教えてくれた。バスだったら、ターミナルの場所を探すのにも一苦労だったろう。タクシーで良かった。

ティラナ行きのバスは12時30分発。時間まで町を歩いた。
c0157625_21115993.jpg
c0157625_2112810.jpg

少し遅れてバスが来て、13時に出発した。15分で国境に到着。入国は荷物検査も無くスムーズだった。ネットの旅行記などで、アルバニア入国の際10ユーロの入国税がかかると載っていたし、「ロンプラ」にもそう書いてあったのだが、1ユーロしか取られなかった。ちょっと得した気分。でも、と言うことはこれってただの賄賂なのか?

車窓の景色は、これまでには見たことの無い光景。時間がゆっくりと流れている、と言うか、のんびりしている、と言うか、人々が暇そう、と言うか。走っている列車はひどくおんぼろだ。マケドニアより、更に発展が遅れているのだろう。
c0157625_21121937.jpg
c0157625_21124260.jpg

18時、ティラナに到着。車掌に中心街の方向を教えてもらい、「ロンプラ」の地図を頼りに歩き、お目当てのホテルに着いた。

町に出て、両替をして、少し歩いてみた。町は暗く、道がでこぼこで、発電機(?)とクラクションの音がうるさい。
[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-27 21:19 | 南バルカン | Comments(0)

嬉しいこと(その2)   

この前、仕事中に「今日、朝起きて鏡を見てみたら鼻血の痕があって、ベットを見たらカバーにも血が付いていたよ。いつ鼻血が出たのか全然気付かなかったよ。」ってな話しをしたら、それを聞いていた同僚の女の子が、仕事が終わった後に寄ってくれてティッシュをくれました。
その子はニューヨーク生まれ。凄くきれいな英語を話します。

ティッシュと英語つながりと言うことで。
「ティッシュはティッシュじゃなくてティシューじゃないのか??」
ってなことを言ったもんなら、それじゃ
「ワイシャツはワイシャツじゃなくてホワイトシャツって言うのかよ!!」
って返されそう。
[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-27 18:23 | Comments(0)

今宵のお宿(オフリド)   

一泊30ユーロ(5,000円)。部屋からは湖が見えました。
c0157625_12354549.jpg
c0157625_12355591.jpg
c0157625_12361010.jpg
部屋はテラス付き。
[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-26 12:39 | 南バルカン | Comments(0)

嬉しいことがありました。   

旧市街の坂を上った所に聖クレメント教会はある。入り口の受付には人はいなく、中に入ると一人の女性がお祈りをしていた。お祈りの邪魔にならないように、外廊下のような所から見ていた。すると、入ってと言われたので中に入り静かに見学していた。先に見た聖ソフィア教会や聖ヨハネ・カネヨ教会よりもフレスコの状態が良く、幻想的な雰囲気。建物の中には宗教的な音楽が流れている。とても静かな空気だった。暫くその空気を味わって、そろそろ出ようかと思いまだ祈りを続けている女性にそっと近づき、入場料を払う仕草をした。すると彼女は、「お金はいらない、今度また来たときに。」と言った。

とても素敵な振る舞いで、嬉しかった。
教会内のすべてが穏やかさに包まれていました。
c0157625_1151031.jpg

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-26 11:51 | 南バルカン | Comments(0)

オフリド、そしてその写真。   

オフリド。憧れていた町。

どこにだって行きたい。でも、その中でも特に気になるトコはいくつかあって・・・。
初めての海外はチェコでした。プラハとチェスキークルムロフ。その後、ドブロブニク、アドリア海。ルーマニアの修道院群。クラクフ。そうやって旅を重ねることで、夢を達成出来る一方で、旅に対するモチベーションがある意味低くなってしまうのも事実でした。前回の旅はまさにそんな感じでした。

人生、どうなるかなんて分かんない。ホントはマケドニアなんて旅するような人生にはしたく無かったんだけど、こうなってしまったんだから仕方が無い。

オフリドは、とてもきれいでした。
c0157625_2342747.jpg
c0157625_23421847.jpg
c0157625_23423067.jpg
c0157625_2342415.jpg
c0157625_23425234.jpg
c0157625_23431671.jpg
c0157625_23433385.jpg
c0157625_23434545.jpg
c0157625_2344563.jpg
c0157625_23442652.jpg
c0157625_23444326.jpg
c0157625_2345026.jpg
c0157625_23451512.jpg
c0157625_23452699.jpg
c0157625_23454136.jpg
c0157625_10401249.jpg
c0157625_2346437.jpg
c0157625_23461880.jpg
c0157625_23463184.jpg
c0157625_23464310.jpg
c0157625_23471611.jpg
c0157625_23473795.jpg

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2007-12-21 23:49 | 南バルカン | Comments(0)