今年最後に書き綴る   

c0157625_22295111.jpeg
住み始めた頃は、家からの眺望が大好きで、よく窓の外の景色を見ていた。
サンシャイン〜雑司が谷霊園〜池袋駅前〜目白、出身大学越しにはこの季節には天気が良ければ朝夕富士山が見える。新宿の高層建築群から代々木、六本木まで。広いベランダから体を半分乗り出すと、椿山荘や東京タワーまで見ることができる。

一年が終わる時、これまで私は一体何を考えていたのかと、昔の文章を見返してみると、当たり前なのだが、本質的には何も変わっていないことが分かった。私は私であって、他の何者でもないのだ。
何か外的な要因で、例えそれがかなりスパイスに富んだものだとしても、それでもその人の人生観が変わってしまうほどの刺激にはあいにくならない。そこまで人間は単純ではないのだろう。どこまでも、私は私なのだ。

そんなことを言いながらも、表面的なことは変えて行くべきだと思う。何事も億劫になって停滞していても始まらない。何かしなくてはとこの年の瀬に思ってみることくらいは私の意識にもある。

旅も山も美術も文学も、とにかく今の状態は、何もかもが遠ざかっている。そんな現状を打開すべく、少しだけ動いてみたい。

さて、何から始めようか。

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2017-12-31 23:08 | Comments(0)

merry christmas to you.   

c0157625_00315907.jpeg
c0157625_00321498.jpeg
i wish you all the best.
[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2017-12-25 00:30 | Comments(0)

a photo of the day   

c0157625_22010781.jpeg
ウチの建物の外廊下からは、護国寺や皇族のお墓である豊島岡墓地の森が見渡せる。遠くにはスカイツリーもかすかに見える。
つまらない生活から抜け出すのに、何も楽しい生活を送る必要はない。つまらないの否定はつまらなくないであって、楽しい、充実している、ではないのだから。嫌でも、イライラするでも、自分に合わなくても、とにかく、何でも良いので、動いてみることが今の自分には必要なようだ。

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2017-12-19 22:00 | Comments(0)

硯屋   

c0157625_23120361.jpeg
c0157625_23121935.jpeg
南池袋にある、うどん屋であって、十分に満足できる酒の肴が揃った飲み屋です。特に魚介はそろっています。
混んでいてなかなかスムーズには料理が運ばれてこないイメージがあり、そこが難点ですが、この日は空いていたのでストレスフリーでした。
ブリやサンマの刺身は脂がのっていて美味。ふぐの唐揚げは、骨が気になるが美味しい。その他、一様に合格点です。ビールも安いのが有難い。かなりコストパフォーマンスの高い、良いお店です。お酒を飲むには絶好の場所です。

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2017-12-13 23:10 | Comments(0)

漱石忌   

c0157625_21384841.jpeg
夏目漱石がこの世を去ったのは、1916年12月9日であるので、今日は彼の101回目の忌日である。
ファンなのか、普段は静かな彼の墓前には、人が集まり、花が供えられていた。
私自身は、取り立てて漱石に傾倒している訳では無いが、それでも、日本近代文学において重要な役割を果たした漱石の墓を参ることは、それなりに感慨深いものがある。

[PR]

# by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2017-12-09 21:38 | Comments(0)