<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

a photo of the day.   

c0157625_23282199.jpeg
梅の花の甘い香りは、私を一瞬でもつまらない日常から解放させてくれるだけの癒しにはなる。
[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2018-02-28 23:28 | Comments(0)

そばいち二八   

c0157625_23293351.jpeg
池袋駅構内にあるフードコートの一角にあるそば屋さん。板そば¥550は、量が多く食べ応えがある。それに、そばには弾力があり、一般的な駅そばとは一線を画す。なかなか美味しいそばである。出勤途中の朝昼兼用食事に立ち寄ることが多くなった。
温かいそばも食べたことがあるが、そばがある程度しっかりしているので、冷たい方が良いか。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2018-02-24 23:29 | Comments(0)

取り留めのない話   

同僚と上野で軽く飲んできた。
仕事絡みで飲むなんてって構えている自分だが、そんなこともたまにはある。
酔う程に話し込んでくれる相手を、こちらは酔った体で相槌を打つのも、今日は苦ではなかった。そんな人だから私を誘ってくれたのだろうし、私も行く気になったのだろう。
とまれ、新鮮な酒の席だった。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2018-02-20 22:47 | Comments(0)

今宵のお宿(香港)   

c0157625_11155864.jpeg
c0157625_11161654.jpeg
アイクラブマータウワイホテル HKD554(¥7,965)

繁華街の尖沙咀(チムシャツォイ)からは地下鉄を乗り継ぐが、それほど苦にはならない。ただ、最寄駅の可文田からは10分強歩かないといけない。まっすぐ歩いていると建物に大きくホテル名のサインが見えてきたので、迷うことはなかった。
部屋は狭いが、大きな窓とシャワールームが磨りガラスでそこまで窮屈には感じない。11階の部屋からは町並みが見え、観光地ではない香港を見られる。ホテルの周りも地元感があって歩くのも楽しい。


[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2018-02-12 11:15 | Comments(0)

香港で食べる   

c0157625_23462941.jpeg
ホテル近くの食堂で。
牛肉麺(HKD23)と野菜(HKD8)で合計HKD31(¥437)。伸びきった麺だが、それも一興。スープは日本の凝ったものに比べればシンプルで深みはないが、これはこれで美味しい。
英語表記がほとんどなく、漢字と言っても日本のとは違うので、メニューを判読するのが困難。写真付きのメニューがありがたい。
c0157625_23464981.jpeg
空港で。豚肉の煮たもの?HKD65(¥911)。値段はそこそこだが、味が濃くご飯に合います。なかなか満足です。

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2018-02-06 00:09 | Comments(0)

何気ない香港   

c0157625_01180287.jpeg
ホテルは中心部からは少し離れており、住宅地にあったため、観光地とは違った香港の様子を見ることが出来た。アパートが立ち並び、その1階には商店や食堂が入っている。決して衛生的ではなく、雑然とはしているが、それもまた旅に味わいを添える。
c0157625_01182943.jpeg
c0157625_01190008.jpeg
c0157625_10331446.jpeg

[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2018-02-05 10:32 | Comments(0)

私的香港観光名所   

c0157625_22395020.jpeg
空港からバスに乗り、中環(セントラル)で降りようかと思っていたが、車窓を眺めながらぼっとしているうちに終点に着いてしまった。自分が地図上でどこの位置にいるかも分からなく戸惑ったが、そのうちに把握できて、セントラルに向かってひたすら歩いた。
c0157625_22410235.jpeg
だいぶ歩いてようやくピークトラムの乗り場に辿り着いた。そしてビクトリアピークへ。とんでもない急勾配をトラムは上って行く。
上では、ピークタワーの有料展望台には上らず、横の展望台から香港の町並みを見渡した。表情豊かな高層ビルが立ち並ぶ景色は、まさに香港である。
c0157625_22414987.jpeg
麓に下りて、またぶらぶらと歩く。途中、食堂(屋台)街があったが、ちょうどお昼時で大混雑だったので素通りした。
そして対岸に渡るフェリーに乗船。10分程であっという間に着いてしまうが、それでも船に揺られて見る香港島の町並みは旅情をそそるには十分だ。
c0157625_22421465.jpeg
c0157625_22423828.jpeg
c0157625_22425917.jpeg
重慶大厦(チョンキンマンション)。パッカー宿が集まる、知る人ぞ知る建物です。中は、怪しくて、汚くて、怖くて、混沌としているのかと思ってドキドキして入ってみたが、思っていた程ではなかった。奥に行くとハラル料理屋が目立った。
何だか普通だなと少し拍子抜けした感は否めないが、建物の前では、ニセモノの時計、バック、更には葉っぱ、ガンジャと言ってくる客引きが寄って来て、それなりに楽しめた。

この3つが香港で行きたかった場所。目的達成です。


[PR]

by SAPPORO_MIYAGAOKA | 2018-02-01 22:38 | Comments(0)